PICTURE 1 – 26 – 2017

   [    THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]
<   THE   WAY   OF   PURIFICATION   > NO, 10

NO,9   .  《 PICTURE   1 –  14   》

『  THE   PARTS   OF   HIS   BODY   WHICH
THE   DEMONS   HAD   EATEN   WERE
THE   PARTS   HIS   PARENTS   HAD   GIVEN
HIM   ,   AND   THE   PARTS   THAT    HE
NOW   HAD   BELONGED   TO  THE   CORPSE  .

( いまや ) 親からもらった、
自分の手も、足も、胴も、頭も、
鬼たちに 食べられて、

今の自分の、手・足・胴・頭 は、
死骸( だれか知らない 死体 )の
ものである。

WHO   WAS   HE   ,   ANYWAY  ?
REALIZING   ALL   THE   FACTS   ,  HE   WAS
UNABLE   TO   FIGURE   IT   OUT   AND  ,
BECOMING   CRAZY  ,   HE   WANDERED
OUT   OF   THE   HOUSE   .

とにかく、
自分は 自分なのか ?
自分じゃないのか ?
わからなくり ( 気が狂った みたい )
その空家を 立ち去った。           』

( 仏教聖典からの引用です
駄日本語 、残月   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

MY   TEACHER   (   HIGH-SCHOOL  )

I    MET   A   TEACHER
AFTER    ABOUT    40   YEARS    .

高校時代 、一度も
《 進学 だ、 受験 だ 》
《 成績は ・・・・だ  》 と
言われた 記憶が ございません。

あまり、目先の
結果・ 利益に とらわれない、
小生の 性分は 、
先生に 守っていただいていた
気がいたします。

本当に、心から
感謝申し上げます 。

・ 今回の《 五島行 》の折
先生のお車で < 頭ヶ島 教会 >へ
ごいっしょに、お参りしました。

( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

第 十三回  笑死会

・ 毎月 二十五日
・ 午後 一時から 三時まで
・ 茶菓 あり、 無料

007.JPG

A   GENTLE   FACE   AND
A   KIND   WORD    .

おだやかな 表情
やさしい  言葉

( 心が 満たされているから、
心が 空で、
こだわりがないから )

和顔  愛語
( わげん  あいご )

]

コメント

タイトルとURLをコピーしました