PICTURE 1 – 14 – 2017

  [   THE    TEACHING   OF    BUDDHA    ] 
<    THE   WAY   OF   PURIFICATION   >  9

<  身体と 心・精神・意識 の
      純化・ 浄化 の 方法  >

     心 と
     精神 と
     意識 と
     魂 と
     霊 と
     気 と

     どこが 異なるの
     でしょうか ?

    《 自分 》 と言っても
    色々 あるわけで

    《 自分の 心 》と 言っても
    色々 あるわけで 、

    ここを

    丁寧( ていねい )に
    考える ことが

    純化・ 浄化に
    つながると 存じます。

    泥の中で
    もがき・格闘する事は
    人間として 当然だと
    ふまえた上での、

    純化・ 浄化の
    道で ございます 。

 「  THEN   THE   TWO   DEMONS  ,
     SEEING   THE   PARTS   OF  THE   MAN
     SCATTERED    ABOUT   ON   THE   FLOOR  ,
     PICKED   THEM   UP   AND   DEVOURED  
     THEM   AND   WENT   AWAY   CHUCKLING  .

    こうして、 二匹の≪ 鬼 ≫たちは、
   床に 散らばった 手・足・胴体・頭を
   拾い上げ むさぼり 喰った 、
    そして、満足して
   どこかへ 去って行った 。

        THE   POOR   MAN   WHO   HAD   TAKEN
     REFUGE   IN  THE   DESERTED   HOUSE
     WAS   VERY   MUCH    UPSET   BY 
     MISFORTUNES  .

     哀れな男は、
    さびれた家の中で、
   大変な 災難に出会い 、
   不運な 出来事に、
    何がなんだか 分からなく
   なったのでした 。

  ( 気が動転した ・ 狼狽した )  」

 ( 仏教聖典からの 引用です、
    駄駄日本語  残月   )

      ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

    003.JPG

    009.JPG

         この 上流が 奥嵐山 であり
  つぎの 写真の世界が ございます。

  011.JPG

     亀山  嵐山
     峡谷  碧流
     無人  無思
     野生  鳥猿

   (  あえて、
     五文字・ 七文字に してません )微笑

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   016.JPG

      廃材で 道心居士と 作った 
     休息所《 洗心亭 》 です。

      身長が高い人々の 参詣が
     増えたので、屋根に 頭が当たらない
     ように 、工夫しようと しています。

       奥の小屋は、その昔 
      トタンを買えなかったので、
     屋根が 朽ちてしまいました、残念 。
     再挑戦いたします 。

   014.JPG

     廃材( ある寺院 の 立派な木材 )と、
    一枚 100円の板( 天井 )。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   021.JPG

     WELCOME    MY   FRIENDS
                   FROM    PEKING   ,  CHINESE   . 
        歓迎 北京人

             閉門ぎりぎりの 参詣です

      「  朱印を 願います 」

       開けて観ると、
      1 番目 、 東大寺
      2 番目 、 金閣寺
      3 番目 、 龍安寺( 石庭 )

        そして
      4 番目 、 大悲閣( 嵐山 )

        偶然でしょうが ( 微笑 )
       日本の 超 有名寺院 の
       すぐ 後とは ( 大笑 )

   022.JPG

      恵心僧都 源信 和上 

    「  比叡山を いつも 眺めてます 」

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    
  《  

   

 

  ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました