9月17日(土) < 月見と 法話の夜 > 4 ・ 無相 7

   御案内 

 <  月見 と 法話 の 夜  >

   17日(土)
   18日(日)

   夕暮 6時くらいに おこし下さい
     日中から いらしても いいですよ

   月を 眺めたり、
   お話をしたり 、坐禅の入門を。

   心を 空にすると 、
   思いを 無くすと 、

   物・事・人・・・が
   とても 美しく 見えます、

   なんて、安上がりなのでしょう ( 微笑 )

   刺激を 節制していると 、
   ちょとした 刺激 で 感動できます ( 大笑 )

   ここ 2日間ほど 、
   とても 美しい お月さまですよ 。

   とても 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   古句
 『  名月や  座頭が妻の  泣く夜かな   』

   ・ 座頭( ざとう ) 視力が弱い方

   
   わたしたちも、
  < かたち ・ すがた >に、
   こだわり すぎては ならない 。

    世界の 大きな二つの 
   宗教は 、
   偶像( ぐうぞう )
   < すがた ・ かたち >を
   認める もの
   認めない もの です 。

    認めなくても、
   すばらしい 図案・模様・デザインが
   いっぱい ございます 。

    古禅は いう

   『  仏に あらず
       心に あらず
         物に あらず   』

    ・ なんとういう  自由

    ・ なんという   平等

    ・ なんという   博愛

    ・ なんという   安心

            ( 合掌 ・ 萬拝 )

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     古歌
  『  月影の  いたらぬ里は  なけれども
    眺むる人の  心にぞ住む   』

    月影( つきかげ ) 
        月の光
        月光に映し出された、物の影

    住む は 澄む だったり ( 微笑 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  『  月を見る  いったい誰が
       見ているか ?  』

    え、
    しらねい

    関係無い

    あほらしい

    (  大笑  )

    あほに なれ

    あほに なる

    (  苦笑  )

 饒舌・蛇足、多謝
  されど
  敬と愛と ともに

    嵐山  残月 、合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  005.JPG

    寸心 居士 
   ( 西田 幾多郎 ) 墓所

  003.JPG

        是非 ・ 是非 ・ 是非、
         参詣したいとの事でした 。
       ( オランダの 哲学研究・実践家 )

      WELCOME    WELCOME  ・・・・・・・・・・・・

   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

     013.JPG

         吹き流し  (  寄進  )  感謝・合掌

  014.JPG

                      感謝・合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  015.JPG

  016.JPG

     失礼いたします
    末筆ながら よき一日で
     ございますように

    ・ まだ まだ 、暑い 京都で
     ございます 。

    ・ 本日、その2 にて
      《  月 光  》 を

    無能  無知

    尽心  真空

    厚顔  無恥
    愚僧  萬拝
  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました