PICTURE 8 – 18 – 2016

  [   THE   TEACHING    OF    BUDDHA     ]
<   PRACTICAL   GUIDE   TO
  TRUE   WAY   OF  LIVING    > NO, 33

< はたらく ぞ。
 はた( まわり )が 楽に なること。
  働くぞ 。 また、美を つくるかな。 >参拾参

「   JUST   LIKE   A   SOFT   BREEZE   AND   A
    FEW   BLOSSOMS   ON  A  BRANCH   THAT
    TELL   THE   COMING    OF   SPRING  ,

      さわやかな そよ風や、 
  一枝に咲く わずかな花が 、
  春のおとずれを つげるように 、

   ,SO   WHEN   A   MAN   ATTAINS
    ENLIGHTENMENT  ,  GRASS   ,  TREES  ,
    MOUNTAINS  ,   RIVERS    AND   ALL   OTHER
    THINGS    BEGIN   TO  THROB   WITH  
     NEW   LIFE   .

       一人の お方が 、

 《 円満な 心 》を 持つことが できたら、
 《 自分中心の 思い 》を 消すことが できたら、
 《 全て 受け入れる 心 》を 忘れなければ 、
 《 やさしい 光 》を 感じることが あれば、
 《 わたしと あなたは 同じ 》と 知れば、
 《 すべては 神の子・仏の子 》と 気づけば 、
 《 悪口・ 不満・ グチ 》が 無くなれば、
 《 勇気と 希望 》が 満ちて いれば、
   ・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・
 ただ一人でも 、
《 さとり 》を ひらけば 、

草も 木々も 山も 川も 、全ての
あらゆる 存在( そんざい )が

新鮮な 命として
生き活き と あらわれて 
くるのである 。

( このように 感じることが
 できるように なる )

( 新しい 心は
   新しい 世界を
    生みだすので ある )

( ひとり が 変わると
   すべて が 変わり
     はじめる  )

      IF   A   MAN,S   MIND   BECOMES   PURE  ,
    HIS   SURROUNDINGS   WILL   ALSO   BECOME
    PURE  .

   《 心 》が 清く  なれば
  その 《 心の 周り 》 も 清く なるからである。 」

  ( 仏教聖典からの 引用です
       駄 日本語 残月 、合掌  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、

   ( 心 と 環境は 一つである
     だから、 むずかしい
     だから、 すばらしい
    
     環境から 独立した
     
     心を もつことが

     大切。

     人生の 目的である 。 ) 

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

    MY   NEW   FRIEND
        FROM   INDONESIA 

  003.JPG

                           神奈川から 、ようこそ

  006.JPG

      WELCOME   MY  NEW   FRIENDS
                  FROM   FRANCE   

  009.JPG

  008.JPG

  010.JPG

       GOOD   DAY
                 GOOD   LUCK

          JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

        <   ENLIGHTENMENT   WITH   YOU    >

            on   mt.arasi   with   dragon
             by  a   small   and   little  monk

            SEE   YOU   AGAIN   ♪ ♪ ♪
  
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました