PICTURE 7 – 11 – 2016


  [    THE   TEACHING    OF    BUDDHA    ] 
<   PRACTICAL   GUIDE   OF
   TRUE   WAY   OF   LIVING    >  NO, 13

< どうしたら いいのか ? > 壱拾参

「 THOSE   WHO   BELIEVE   IN   BUDDHA   TASTE
   THIS   UNIVERSAL   PURITY   OF   ONENESS  
    IN   EVERYTHING  ,   AND   IN  THAT   MIND 
    THEY   FEEL   COMPASSION    FOR   ALL  
    AND   HAVE   A   HUMBLE   ATTITUDE    TO
    SERVE    EVERYONE   .

         仏( ほとけ ・ 真理 )を
   ( 真理に 気づき・目覚め 覚者になる )
   ( 真理の 慈悲に 気づき 安心する  )
   ( 真理とは 真実の 道理 )
   ( 道理とは 物・事・人・ ・・の 
      理解の仕方・ 認め方  )
   ( 真実とは、 人の 命と心を
     まもり 育てること  )
   (  ・・・・・・・・・・・   )

    仏を 信じる 人びとは 、
   ( 他の方々 ・ 自分自身を
     悪く とらえない・ 考えない 人びとは )

  《 全ては 一つ 》 であるという
  普遍的 純粋さ( 人間にとっての 真実 )を
  感じ 味会い 、

   また、その《 心 》
  ( 全ての 苦しみ を 感じる 心 )で 、
  謙虚な 心構え 
  ( 態度 ・ 姿勢 ・ 雰囲気 ・・ )で

  だれにでも 接し 、
  なにかしら 声かけ ・手伝う 、
  のである 。

     THEREFORE  , 
   THEY   SHOULD   CLEANSE   THEIR   MINDS
    OF   ALL   PRIDE   AND   CHERISH   HUMILITY  ,
    COURTESY     AND   SERVICE   .

        それゆえに、
  仏さまを 信じるものは、
  ( 真理を 求め続ける ものは )
  ( 他者も 己も 怨まぬ ものは )
  ( 大いなる 慈悲を感じる ものは )、

   うぬぼれ ・ 高慢( こうまん )
  思いあがり ・ おかしな プライド
  慢心 ・ 自意識過剰 など
  全て 取り除き ・ 洗い清め、

  謙遜( けんそん ) ・
  礼儀深さ と 奉仕の心 を

  心に いだくように なる 。

     THEIR   MINDS   SHOULD   BE   LIKE   THE
    FRUITFUL    EARTH   THAT   NOURISHES
    EVERYTHING   WITHOUT    PARTIALITY  ,
    THAT   SERVES   WITHOUT   COMPLAINT   ,

    仏を 信じるもの 《 心 》は 、
   ( 真理を 求めるもの )
   ( 他者と 自分の 幸福を
      求める者の  )

     分け隔てなく  全ての物を 養う
    実り豊かな 大地のようであり 、

     仕え支えて 不満のない
    心の ようである 、

    

      THAT   ENDURES   PATIENTLY  ,
     THAT   IS   ALWAYS    ZEALOUS  ,
     THAT   FINDS   ITS   HIGHEST   JOY   IN
      SERVING   ALL   POOR   PEOPLE
      BY   PLANTING   IN   THEIR   MINDS  
      THE   SEEDS   OF   THE   BUDDHA,S  
      TEACHING   .

     

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

  017.JPG

  042.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  008.JPG

  007.JPG

  006.JPG

  003.JPG

     I  AM  SORRY
       SEE   YOU   AFTERNOON  ,

   SEE   YOU   TOMORROW

コメント

タイトルとURLをコピーしました