4月2日(土) 「 心を 燃やす 」 その2

   「 心を 燃やす 」  2

  《 今、ここ 》に 
  生きること

  過去に 縛られない
  未来に 縛られない

  そのためには
  《 真理( しんり ) 》に
  従えば いい

  自分中心を 止める
  愛情に 生きる
  慈悲に 生きる

  、、、、、、、、、、、、

  《 真理 》とは 何か ?
  簡単である
  素直( すなお )な 心である

  《 素直 》とは 何か ?
  簡単である
  「 すみません 」 と
  「  ありがとう  」 を
  いえること 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、

  《 素直 》に 生きて
  「 すみません 」 と
  「 ありがとうございます 」を
  きちんと お伝えしていたら

  過去に 縛られることも
  未来に 縛られることも
  少なくなって
  いくもので ございます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  《 素直 》に 生きれない

 『  感謝なんか できない
    わたしは 被害者だ

    苦しいのです
    悲しいのです
    つらいの です   』

 『  どうしたら
    いいの でしょう  』

 『  どう 考えたら
    いいのでしょう   』

 『  どう 受け止めたら
    いいのでしょう   』

 、、、、、、、、、、、、、、、、

 『  運命( うんめい )
    さだめ
    宿命( しゅくめい )
    なの でしょうか ?  』

 『  たんなる
    偶然なのでしょうか ? 』

  、、、、、、、、、、、、、、、、、

   むかし 、むかし 、
  ある人の腕に 弓矢が
  突き刺さった 。

   『 痛い 』
   『 苦しい 』
   『 つらい 』

   知人 仲間が 寄って来て
   抜こうと しました 。

   すると
   この方は こう
   おっしゃりました 。

   『  止めてくれ 。

    いったい 誰が 飛ばしたのか ?

    わたしに うらみが あるのか ?

    どういった 矢なのか ?

    どの方向から 来たのか ?

    なぜ、足でなく 腕なのか ?

    なぜ、わたし なのか ?

    なぜ、きみで ないのか ?

    ・・・・・・・・・・・・・

     わからない 、
     わかるまで 、
  
     抜き取らないで
     くれ、ください   』

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     「  痛くないですか ? 」

     『  痛い
        つらい
        悲しい  』

     『  いったい
        わたしは
        どうしたら
        いいのでしょう ? 』

       つづき  ます

   駄弁、饒舌、蛇足 。 多謝

    敬と 愛と ともに
      愚僧  萬拝

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

  002.JPG

    WELCOME   MY  NEW   FAMILY
             NICE  TO  MEET   AND   TALK  WITH   YOU
               THANK   YOU   VERY   MUCH

     004.JPG 

     008.JPG

    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

     010.JPG

           雨の中、ようこそ ようこそ  ( 関東より )

  019.JPG

  020.JPG

      右の 山桜は 、始った ところです 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG

      渡し船が 始りました 。
    舟の中からの 景色は すばらしいです 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  015.JPG

       肌をなめ過ぎて 、痛めているようです
      どうしたら いいのでしょうか ?
      一匹になったのが 、つらいのでしょうか ?

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日で
  ございますように 。

  ・ 新年度で ございます
   一日一生とは 申せ
   さらに
   心を 新たにしたいもので
   ございます 。

    《 心機一転  しんき いってん 》

    厚顔  無恥
    愚僧  萬拝
    

コメント

タイトルとURLをコピーしました