2月16日(火)  随想  6

   「 思い の まま 」 
  「 心 の まま 」
  「 気  まま  」

 、、、、、、、、、、、、、、、、、

  自分 の 『 思い 』
  自分 の 『 心 』
  自分 の 『 気 』 を、

    ダメだと
  < 卑下( ひげ ) >しても

    いいものだ と
  < 慢心( まんしん ) >しても

   いけない 。

  
  、、、、、、、、、、、、、、、、、

    と、 申し ましても  

   どうしたら いいの
   でしょうか ? 

    何を 手本 ・ 見本
   鑑 ( 鏡 ・ カガミ )に
   したら いいのでしょうか  ?

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   
    身近な  親 ・ 家族
   親戚 ・ 学校の 先生 ・
   先生 なの でしょうか  ?

    そうなると、
   
  『 試験 』の < 成績 >
  『 試合 』の < 成績 > 

    また、
   社会人( 職場人 )も、
  『 活動 』の < 成績 >に、

   追われるのが、
  常で ございます 。

   当然で ございます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   どなたも、
  思う ことで
  ございます 。

   そして、
  あきらめ て しまいがち 、
 ( 「 思い 」 「 心 」 「 気 」 を
    見つめ 、成長させることを 。 )

   そして、
  いつの 時代も
  必ず 出てくる 人びとが
  ございます 。

   世間の 流れに乗りながら
   世間に 流されない 方々

   そのような 方々は

   世間・ 時代 ・社会 ・他者 の
   中に ありながら 、

   自分の 『 思い 』 を
   自分の 『 心 』 を
   自分の 『 気 』 を

   感じ・見つめ・考え
   学び・鍛え・・・・・・て

   られてます 。

    小生たちの
   手本・見本・鑑・
  先生・先人・古人・ 
   ・・・・・・・・・・・・で、
  ございます。

   慕い・ 敬い ・ 尊敬し
  < かくありたい >
  < そのように なりたい > と 

   手本 ・・として
  学びたいことで  ございます 。

   つづき  ます

  駄弁 、饒舌 蛇足 、多謝

   敬と愛と ともに
    残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     ちょうど、下の写真は

    ある< 尊敬された 人物 >が 
   亡くなり
   多くの方々が 、泣き崩れ 、
    悲嘆されています 。

   001.JPG

   003.JPG

   002.JPG

   004.JPG

   005.JPG

      生きとし生ける あらゆる 存在
          植物 も 鉱物 も なにも かも 。

        悲嘆にくれて いる 。

     昨日 、2月15日は
       ゴ―タマ・シッダルタ ( 釈迦族 の 尊者 )
      大覚者・ 大慈悲者 ・・・・・・・・・・

        「 思い 」「 心 」「 気 」の
       もちかたの、基本型を 教えてくだされた。

        そして、
        『 行ない ( おこない ) 』が
       一番 大切であると、説かれた 。

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    018.JPG

    019.JPG

         失礼いたします
      末筆ながら よき一日で
        ございますように 。

     [   JUST    NOW
                I   THINK   ABOUT    PARIS   AND   SYRIA  .
                    NEVER   GIVE   UP   THE   HUMAN   ]

             <   CIRCLE    HERE  ,   CROSS   NOW
                        WE    LOVE   YOU   >
                 on   mt.arashi    with   dragon
                     by   a   small   and  little   monk

               厚顔  無恥
        愚僧  萬拝
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました