9月18日(金) 了以翁忌 ご案内 、 9

   『  弁財天  』 の 由来( ゆらい ) 、 その 三

 ( 4 )  次の 夜の < 夢告 > おつげ

 「  一人の 童子( どうじ ・ わらべ )が 現われました 。
  伏見 の 稲荷山( いなりやま )に住む 、蜜跡( みっしゃく )
  童子です 。 ( 天女さまに つかえる 童子の 一人 )

   < 私は 古くから 弁財天さまに あ仕えしています。

    昨夜、松尾山 ( 嵐山の 南となり、 古い大社がございます )に
   住む 光明( こうみょう )童子が来て申しました 。

    ≪  その昔 、松尾山の近くに 、角倉了以という者がいて
       世の中に 大いに善い 仕事をして亡くなった 。

        彼の 魂( たましい )は 、
       我が 松尾山( 嵐山 )の奥 、大悲閣に
       とどまっている 。

        しかし、今 大悲閣は 荒廃し、まさに
       廃寺になろうと している 。

        私、 光明童子と 角倉了以とは 深い縁があるから
       助けたいが、 福縁( ふくえん )が 尽きていて 、
       住職が いかに 念じ精進しても いかんとも し難い 。

        よって、 
       伏見の 弁財天さまを 大悲閣に お迎えして 、
       了以翁の 旧跡を 守護しようと 思う 。  ≫

      この事は、 世の中の 幸福につながるので
     私 、蜜跡( みつしゃく ) 童子も 同意 したのだ 。

      だから、 当主よ 、 『 弁財天 尊像 』を
     嵐山 大悲閣へ 送り とどけなさい    >  と 。   」

         つづき  ます

        合掌  九拝  万拝

            山僧  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   002.JPG

           雨の 渡月 小橋 の 付近にて

   004.JPG

   006.JPG

   005.JPG

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  012.JPG

        
                失礼いたします
    末筆ながら  よき一日で ございますように

  ・  玄奘 ( げんじょう )法師 さま 、 1350回忌 記念企画展

     龍谷ミユ―ジアム ( 西本願寺 前 )

     27日 ( 日 )まで

  ・  般若心経 の ご翻訳の 大大恩人 、法師さまでございます 。
       ありがたや ありがたや  ありがたや

     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました