8月29日(土) 閑話 その3

   閑話 ( むだ ばなし )

 お盆が おわり、 御彼岸までの ほんの  一休 ( 微笑 )
 秋の行楽期間、その準備に追われる前の  一休 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   有漏路 ( うろじ )から
     無漏路 ( むろじ )へ 帰る 「 一休み 」( ひとやすみ ) 
       ・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・

     かの アニメにもなるほどの 、
   すばらしい 逸話 ・ エピソード ・ 作り話 が残っている
  「 一休 禅師 」 さま を 、思い出しました 。

    名前は、たくさん ございます 。
  ( 名など どうでもいい、 生き様では ないでしょうか ?)
  ( 作り話 それでも いい 、何が 伝わってるか ? )
  ( 何を 伝えて きているのか 、われらが 社会は )

    狂雲子 ( なるほど )
    宗純   (  純な お方だったとか  )
          (  師匠の死に 後を追うくらい  )
          (  自分も 人も ごまかさない  )

    ・  有漏 ( うろ ) もれる ことが 有る 。
           なにが 漏れ流れでるのか ?
        < 苦しみ >< 悲しみ >が 漏れる 。

       私たちの 肉体は < 有漏身 >うろ しん
       仏さまの身体( 法身 )を < 無漏身 >

    ・  有漏 路 ( うろ じ )  悲苦の人生のこと
    ・  無漏 路 ( むろ じ )  仏 ・さとり の世界

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    ・  ある 人が 問う

      「 心 は どこに あるのか ? 」
      『  ここだ  ( 自分の胸を さす ) 』

      「 ( 小刀を出し ) では、拝見 」

      禅師 曰く

      『  年ごとに  さくや吉野の  さくらばな
          木を割りて見よ  花のありかを  』

        心に 形は 無い
         しかし 現われ出るもの なるぞ
    、、、、、、、、

       短歌( 道歌 )( 二つとも 再記 )

      『  心とは いかなるものを  いうやらん
          墨絵にかきし  松風の音  』

         聞こえない 、でも
          聞けるのが  心 である

     、、、、、、、、、、、、、、、、

       筆跡 ( 墨蹟 ぼくせき 、という。 禅僧の場合 )

       「  心  」 (  一字 、 でも 逆さまの 心 )
            < もとより 法 などない >
            法 とは、 きまり ・ やくそくごと 。

        すごい、 おそれいります、 禅師さま 。 ( 合掌 ・ 万拝 )

       ・ 真の自由人
         慈悲のもと、心を縦横無尽( じゅおう むじん )に
         使いうる お方なり 。

      、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      閑話 随想 、 スミマセン 、とりとめがない 

        もう 一つ  いい言葉

     ・  今年の 日本赤十字社 の 標語

     「  『  CROSS     NOW    』 ( クロス ナウ )
         人は クロスして 、 生きている   」

       すばらしい 、 じつに すばらしい
       このとうり 、これを 自覚し 生活したい
       もので ございます 。

       そこで 、
      小生 ・ 愚僧 も  山寺の 標語を一つ

     「  『  CIRCLE     HERE    』 ( サークル  ヒヤァ )
          人は 一つの 完全な円 である    」

       完全な 円  ( 小宇宙 なり )
         古代から伝わっているの 真理 です ( 微笑 )

       この真理を 自覚し 生活したいもので
      ございます 。

       ・  命として 、心として
           円満の 自覚、
           満たされている心
           消えていくものなれど有難い命
           永遠 無限 の 世界

    駄弁 饒舌  、蛇足多謝

      敬と愛を こめて
        残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

  009.JPG

  001.JPG

      城陽市の廃寺になった 観音堂から 、頂いてまいりました 。 護摩釜 ?
        ( これだけ 残されていた 。  合掌  )

  011.JPG

         たくさんの方々を  あたためた  風呂釜  ( 当寺 )

      五右衛門も  こんな山水   ほしかろう
          罪をつぐない   また出ておいで  (  ・  )

  008.JPG

        山寺や  土木作業の  楽しけり
           砂は川から   ジャリは谷から  ( うそー)( 大笑 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     失礼いたしま

   末筆ながら よき一日で ございますように 。

    ・  そういえば 紅茶が 10代から好きでした 。
       結石が できやすいとか ?( 微笑 )

    ・  あらそい 、 もめごと 、 やまい 、 ふそく が
        解決・解消できますように ( 最後で 失礼ですが 、、、 )

    ・  大阪の 大兄さま に、 神仏の光を 。

    厚顔   無恥 、 おゆるしを

     愚僧  萬拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました