PICTURE 8-22-2015

    [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<     REAL   STATE   OF    THINGS    >  NO,   2
<    物・事・人 の 真実の 姿( 相 ) >

  「  MATHEMATICAL    NUMBERS    FROM   ONE    TO   INFINITY
      ARE   EACH    COMPLETE    NUMBERS   ,
     AND   EACH  IN   ITSELF
      CARRIES   NO   DISTINCTION    OF   QUANTITY   ,   BUT   PEOPLE
      MAKE   THE   DISCRIMINATION   FOR   THEIR   OWN   CONVENIENCE   ,
      SO   AS   TO   BE   ABLE    TO   INDICATE    VARYING    AMOUNTS  .

          数 は もともと 、
  一から 無限の数 まで 、
  完全な 数 であって 、

   量 には 、多少の区別は ないので あるけども 、
  人びとは  「 欲の心( 自分に都合がいい ように 動く 意識 ) 」 から 、
  < はかって ・ 計る ・ 量る ・ 量る ・ 謀る ・・・>、
  多少の 区別を つける 。

   PEOPLE     GRASP    AT    THINGS    FOR    THEIR    OWN
     IMAGINED    CONVENIENCE    AND   COMFORT    ,    THEY   GRASP 
     AT   WEALTH    AND   TREASURE     AND   HONORS     ,

       THEY    CLING    DESPERATE LY    TO   MORTAL    LIFE   .

       人びとは < はからい >
  ( 好都合 と 安楽 ・ 快適 をもとめる 心 ) から 、
  全ての ものに 執着 (  とらわれる  ) する 。

  ・ 富裕 ( とみ )に 、とらわれ
  ・ 財産 ( ざい )に 、とらわれ
  ・ 名誉 ( なまえ )に 、 とらわれ 
  ・ 生命 ( いのち )に 、とらわれ  執着< しゅうちゃく >する 。  」

  (  仏教聖典 より の 引用です 。 日本語 は 残月  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    わたしたちは 、
  <  不平 ・ 不満 ・ 不服 ・ 悲しみ ・ 苦しみ ・ 痛み > が
   あるから 、

   その克服 ・ 解消 のために 、
  「 物事人金 ・・・ 」 などに 執着 とらわれ ざる おえないのでしょう 。

   いい 執着
   わるい 執着 が あるような 気が いたします 。

    ここの所も
   丁寧に ごいっしょに 、 かんがえたく 存じます 

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   006.JPG

   018.JPG

   015.JPG

   017.JPG

   020.JPG

   021.JPG

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       GOOD     DAY
                       GOOD    LUCK

                         APPRECIATION

                          MONK     OF    ARASHIYAMA

                       <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

                           SORRY

                            SEE     YOU     AGAIN

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました