PICTURE 8-12-2015

  [    THE    TEACHING     OF     BUDDHA     ]

「 THE   IMPORTANT    THING   IN   FOLLOWING    THE    PATH
   TO   ENLIGHTENMENT   IS   TO    AVOID   BEING   CAUGHT    AND
   ENTANGLED    IN    ANY   EXTREME   ,  THAT   IS  ,  ALWAYS   TO
   FOLLOW    THE   MIDDLE    WAY   .

    <   道を修める生活 >
 ( さとり ・ 安心 ・ 慈悲 を求める生活 )
 ( 真理と ともにある 生活 )に 、とって 大事なことは
 両極端( りょう きょく たん )に 、とらわれず 、
 常に < 中道 ちゅう どう >を 、歩むことである 。

   ・ 人間は、決め込み、判断したいもの 、
     レッテルを 貼りたいもの 、

    しかし 、しない 。
    忍耐つよく 、最善を もとめていく 。
    全てと 共存 するために 。

   ・ 思考停止 、判断停止 でない
    < 中道 > である 。

    むずかしい 、困難である 、
    しかし 、「 ここを やりとげなければ 」
    「 人間に 生まれた 甲斐かい が ない 」

    慈悲 ( やさしさ ・ 共存共栄 )が
    土台 である 。

   < 全てが 自分 >という 生き方 、
    なんだ、 これ ? ( 大笑 )

  KNOWING    THAT    THINGS   NEITHER   EXIST    NOR  
   DO   NOT   EXIST   ,   REMEMBERING    THE   DREAM–LIKE   NATURE
   OF   EVERYTHING   ,    ONE    SHOULD   AVOID   BEING   CAUGHT   BY
    PRIDE    OF   PERSONALITY   OR   PRAISE   FOR   GOOD   DEEDS   ,
    OR   CAUGHT    AND    ENTANGLED    BY    ANYTHING     ELSE  .

      全てのものは 、
 生ずることもなく 、 滅することもなく 、
 < きまった 性質 はない もの >と 
  知って( さとって、覚悟して )( 空 ・ 夢 と理解して )、

 自分の行っている 善にも とらわれず ( 自慢 ・ 高慢 なし )
 すべての ものに 、しばられては ならない 。   」

  ( 仏教聖典からの 引用、日本語 残月 )

   ・  わたしたちは 、いがいと 、
    自縄自縛 ( じじょう  じばく  )である。

    自分で作った 縄( なわ )で、
    自分を 縛( しば )って いる 。

    ( 大笑 )( 笑えない )( 悲しくなる )
    ( あわれだ ) ( まけるな 000 よ )
    ( 微笑 )

   ・  縄 を 切る
   ・  縄 を 作らない

   ・  縄 を 切ってやる
   ・  縄 を 作らせない

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   002.JPG

   003.JPG

   004.JPG

              MY    YOUNG    GIRL    FRIEND

       若い友達と 、明日の 御菓子 と 抹茶 を 買いに行きました 。

       歩いて 渡月橋をこえ 、天竜寺前を 通りすぎました 。 4時30分

   008.JPG

   007.JPG

   010.JPG

   011.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   013.JPG

         保津川下り 、 体験してみてください 、実に すばらしい 。

         ありがたや  水にながされ  みやこまで
            みやこのさきは  わがこころかな  ( 微笑 )

            こころのさきは  どこでしょうか    ( 大笑 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   GOOD     DAY
           GOOD    LUCK

             APPRECIATION
                JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

                 MONK   OF   ARASHIYAMA

              <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                   I    AM    SORRY

                  SEE    YOU    AGAIN  

コメント

タイトルとURLをコピーしました