PICTURE 8-2-2015

     [      THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]

 <    THE   WAY    OF   ATTAINMENT     >   NO ,  5
 <     実践 実行 の 道 ( 方向 ・ 命の 向け方 ) >

   「  HE    WHO   IS   INFLUENCED    BY    HIS   LIKES   AND   DISLIKES
       CAN   NOT    RIGHTLY    UNDERSTAND    THE   SIGNIFICANCE    OF
        CIRCUMSTANCES    AND   TENDS    TO   BE    OVERCOME   BY   THEM  ,

        HE   WHO   IS   FREE    FROM    ATTACHMENTS    RIGHTLY  
        UNDERSTANDS    CIRCUMSTANCES    AND    TO    HIM   ALL   THINGS
         BECOME    NEW   AND   SIGNIFICANT   .

          ( 執着 しゅうちゃく ) が あれば 、
   それに  酔わされて 、ものの 姿 ( すがた ・ 相  )を
   よく 見ることが できない 。

    ( 執着 ) を 離れると ( すてると ) 、
   もの( 物 ・ 人 ・ 事 ・ 理  ・・・ )の 姿を 
   よく 知ることが できる 。

    だから、
    ( 執着 )を 離れた 心 に
   もの は 、 かえって 生きて ( 活きて )くる のである 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、

   HAPPINESS    FOLLOWS    SORROW   ,    SORROW    FOLLOWS
     HAPPINESS   ,     BUT    WHEN    ONE    NO    LONGER    DISCRIMINATES
      BETWEEN    HAPPINESS    AND   SORROW    ,    A    GOOD    DEED
      AND    A    BAD   DEED   ,    ONE   IS    ABLE   TO   REALIZE    FREEDOM   .

   よろこび が あれば 悲しみが あり 、
  悲しみが あれば よろこび がある 。

   よろこび と 悲しみ 、 いい行い と わるい 行い も 超えて
  はじめて ( 執着 ・ とらわれ ) が 無くなる ( 自由の実現である ) 」

  ( 仏教聖典 からの 引用 、 一部分 日本語 は 残月  )

    ・  喜び と 悲しみ
       善  と  悪
       快  と  不快
       損  と  得
       ・・・・・
       ・・・・・

     < 超える >< 離れる >< 捨てる >とは 、
     どういう 事 なのか ?

     < 命 > そのもの
     < 心 > そのもの  を 、 味会う 。

      娯楽 ・ レジャー ・ 気晴らし ・・・・・
      でなく 、

     < 命 > そのもの を
     < 心 > そのもの を 、 味会う  。

      大根 ・ ニンジン ・ きゅうり を
      味付けずに 、 いただく

      この 淡白 さ よ
      この おいしさよ
      この ありがたさよ

      また、 すわる だけ

      また、 ねる だけ

      また、 あるく だけ 

      ありがたい 。

        つづき   ます

  ・   『 だけ 』 だけに  なれぬにんげん  かなしけり
        もとめもとめて   もとめつくすか

  ・   もとめない  もとめることの  はずかしさ
         きづかせぬ世ぞ  かなしけり

  ・   もとめさせ  あらそいさせて  わらってる
        もとめぬことの  とうとさをしれ

  ・   もとめない  よぶんなことは  もとめない
        そとにもとめる  かなしさをしれ

  ・   もとめない  きょうはなんにも  もとめない
        せみのこえかな  からだにみちる

  ・   つらかろう  くるしいことと  ぞんじます
        なにもあたえぬ  われをゆるして

                大合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  007.JPG

     洗心亭 ( せんしん てい ) の  風呂釜 を
       汚したままでした 、 参詣者の 方々に 
        すまない事を してました 。 ここ数年 、放置してました。
         怠慢( たいまん ) でした 。 深く反省いたします 。

       ・  道勝 上人 の 働きの 影響で ございます

       ・  京都の 母君から
           「 また 、 水 出してよ  」 「 はい 」

     昨日、 水 が 入るように だけ できました
     以前 の 自分の仕事に 助けられながら ( 微笑 )

     竹 は 御待ちくださいませ 。

  
  009.JPG

                       THIS    IS    AN   IRON   POT    FOR    BATH  
                       &
nbsp;                      OVER    100YEARS     BEFORE    .

     五右衛門や  心を洗う  水を入れ
          活かし尽くすぞ     京の山奥

  008.JPG

      龍神さま  おゆるしを

  004.JPG

     ふしぎだな  やまのおくには  みずがある
           かんのんやまに    あふれながるる

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
                GOOD     LUCK
                     I    HEARTILY    PRAY

                  APPRECIATION
                       JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

                   MONK    OF    ARASHIYAMA

                <    WISH    TO    ENTER   INTO    A    LIFE    OF  
                            ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                   SORRY    MY    POOR    ENGLISH

                   SEE    YOU    AGAIN

コメント

タイトルとURLをコピーしました