PICTURE 7-31-2015

    [      THE     TEACHING     OF    BUDDHA       ]

<    THE   WAY    OF   PRACTICAL    ATTAINMENT    >  NO  , 4
<    実践 実行 の 道 ( すすめ 方 ) >

  「  TO   LIVE    A    SINGLE    DAY    AND    HEAR    A    GOOD
       TEACHING    IS   BETTER   THAN   TO   LIVE   A   HUNDRED   YEARS
       WITHOUT   KNOWING    SUCH    TEACHING   .

        ( 正しい教え )を 知らないで 100年 生きるよりも 、
  ( 正しい教え )を 聞いて 、 1日 生きる方が はるかに 
   すぐれて いる 。

    THE   WORLD    IS    ALWAYS    BURNING   ,   BURNING   WITH   THE
       FIRES    OF    GREED    ,    ANGER    AND   FOOLISHNESS   , ,   ONE
       SHOULD    FLEE    FROM    SUCH    DANGERS
        AS    SOON    AS    POSSIBLE   .

         この世
  ( 世界 ・ 国家 ・ 社会 ・ 職場 ・ 学校 ・ 家庭 ・ 地域
  ( わが 心 ・ わが 精神 ・ わが 意識 ・ わが 思い ・・・・ )
   は 、
   <  むさぼり  ( 貪り ) >
   <  いかり    ( 怒り ) >
   <  おろかさ   ( 愚かさ ) > の ≪ 火 に 燃えている ≫ 。

   この火の家 ・ 火宅 ( かたく )
  ( 世界 ・ 場所 ・ 時間 ・ 魂 ・・・・  ・・・・・・  )から 、
   一刻 ( いちこく ) でも 早く 、
   逃げださなければ ならない 。

     ・  なぜならば 、
       この 三つの 火 によって 、 焼かれ
       死んで しまうからで ある 。

     ・  逃げずに 居て 、
       焼かれることなく 、 火を 消して 、

       なかよく ・ 清く 正しく 美しく
       たくましく ・ たのもしく ・ さわやかに

       あらゆる 存在を 活かしあい 、

       存在 そのものの 本分 ( 使命 )を

       全う( まっとう )( 全力を 尽くしきる )
       したい もので ございます 。

       < 最高の 生き方
       < 仏教の表現だと 「 菩薩 ぼさつ 」 です >

     ・  一時 、 離れ 逃げて 、

       静かに 心 を ととのえる
       静かに 自分 を みつめる

       静かに 沈黙 を 味会う
       静かに 自然 を 味会う

         寺院の 本当の
       目的 ・役割 ・ 使命は
     ここに 、 ございます 。 ( 反省 )

「   WHEN    ONE   HAS   THE   FEELING    OF    DISLIKE    FOR
      EVIL   ,    WHEN    ONE    FEELS    TRANQUIL   ,   WHEN   ONE   FINDS
      PLEASURE   IN   LISTENING    TO   GOOD   TEACHINGS   ,   WHEN  
      ONE    HAS   THESE    FEELINGS    AND   APPRECIATES   THEM   ,
      ONE   IS   FREE   OF   FEAR   .

         悪から 遠ざかる 味会い ( 感覚 ・ 心地 ・ 気分 ) 、
   静けさ ( 静寂 せいじゃく )の 味会い
   教え( 真理 ・ 心の法則 )を、正受・聞ける喜びの 味会い 、

    この味会い ( 感覚 ・ 境地 ・ 心地 ・ 気分 ・ 気持ち )
   を 味会う人( 感じれる人 ・ 分かる人 < 真価を > )は 、

   おそれ ( 恐れ ・ 畏れ )が ない 。

    DO   NOT   DECOME   ATTACHED    TO   THE   THINGS    YOU   LIKE  ,
        DO    NOT    MAINTAIN    AVERSION    TO   THE    THINGS    YOU   DISLIKE  .
        SORROW   ,   FEAR   AND   BONDAGE    COME   FROM   ONE,S  
         LIKES    AND    DISLIKES    .

           心に 好悪( こうお ・ 好き 嫌い )を おこして 、
   執着 ( しゅうちゃく ) しては ならない 。
   < 好むこと ・ 嫌うこと > ことから 、
    悲しみ が 生じ 、 恐れが 生じ 、
   束縛 ( そくばく ) が 生じる  。    」

  (  仏教聖典からの  引用です 、 日本語 残月 )

    ・  人生 は 執着( しゅうちゃく )さ ・ こだわりさ ( 微笑 )

    ・  愛 は 束縛 ( そくばく ) と 支配 ( しはい ) なのか ?

    ・  執着 とは なにか ?
       自分とは 何か ? つまり 、何に こだわる 執着してるのか ?

         つづき  ます

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG


  006.JPG

  004.JPG

         道勝 上人 、 ありごとうございました 。

     7月の 大悲閣千光寺は 、浄化月間 でした 。
     ( 一カ月 の 御修行  )

     仮本堂 の 雨漏り止め 、庇 ひさし の 改修 、
     ゴミ だし( まだ 5割 ? )
        
       弁天さま ・ 龍神さま ・ 宇賀神将 さま ・ 上人さま 

     過去< ここ20年間 >
       道心さま( 高所の 達人) ・ 道秀さま ( 土木の 達人 )
       ・ 裏参道 が 車が登れるのは 土木の達人さまの お力です

          合掌 ・ 九拝 ・ 百拝 ・ 萬拝

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG

  008.JPG

        蓮 はす  です

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

  015.JPG

  016.JPG

       鵜飼い が 、 2週間ぶりに 営業再開 です 。
     どうぞ みなさま 、 御味会い くださいませ 。
    
      予約なしで 、乗れる とのことです 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
              GOOD    LUCK
                    I     HEARTILY    PRAY

             APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                  MONK    OF    ARASHIYAMA

          <     WISH   TO    ENTER    INTO    A    LIFE     OF
                      ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                  SORRY   ,  MY    POOR    ENGLISH

                  SEE    YOU   

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました