7月22日(水) 「 了以忌 4 ・ 素庵忌 6 」 10

  「  人間は < 同じ >である  」と 、確信しています ( 微笑 )

  正確には

  「 <  人間の 心  >は 、< 同じ >である  」
  「  人間、一人一人の 価値は 、 < 同じ >である 」

  と、いうこと です 。

    この 『 気持ち・ 考え・ 意識 ・確信 ・ 覚悟 ・ 境地 ・・・・ 」
  ( ことば による 表現は 、そう重要ではない、この場合 )が
  あるので 、

   小生は、 初対面の お方でも 、
  微塵の 『  不安 ・ 恐怖 ・ 疑念 ・・・・ 』 が
  出てまいりません 。   ( 微笑 )( 大笑 ) ( ほんとうか ? )
                  (  ほんとうさ  )(  大笑  )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ただ ≪  命 そのもの  ≫
   ただ ≪  心 そのもの  ≫

   として、
   お会いさせて いただいて います 。
     (  ほんとうか ? )(  ほんとうさ )(  うそー )
     (  微笑  )

   なんという、 <  しあわせ  >
            < もうし わけない >
            < かたじけ ない > 。

   <  ありがたい > ことで ございます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   了以翁 ・ 素庵さま に  出会っても 、

   ただ、<  ありがたい  >
   ただ、<  もうしわけない >という 思いばかりで、

   (  だから、 僧侶 ・ 坊主 なのでしょう )( 大笑 )

   ぜんぜん、 「 学問 ・ 研究 ・ 歴史探索 」 に
   なりません 。 申し訳ございません 。
   (  ヤクタタズ 也 、 反省  )

   しかし、
   それでは 、当然 、よくないので
   『  吉田家 ・ 角倉家 研究  』 会 を 、組織し
   おおいに、 学び合いたく 存じます 。

    以前 会報 ≪  すみのくら  ≫ が ございました 。
   府立資料館 に、 ございます 。

    当時の 幹部の方が ご存命なので
   一日でも 早く  会報 の続編 (  改名 になるでしょう )を
   発刊 いたしたい 所存に ございます 。

    嵐山 大悲閣 千光寺 の  護持 と 並行して
   進めてまいります 。
    よろしく お願い 申し上げます 。

   駄弁ながら、 敬と愛を こめて
     残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     NO ,    1
  014.JPG

             NO ,  2
  012.JPG

         NO ,   3
  010.JPG

              NO   ,   4
  008.JPG

         NO  ,   5
  007.JPG

              NO  ,  6
  004.JPG

             NO  ,   7
     003.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

       WELCOME     MY    NEW    FRIEND     FROM    FRANCE

    002.JPG

                                                     GOOD    LUCK   ,    FRIEND   .

       失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で ございますように 。

  ・  ともに  向上いたしたく 存じます  。
    現実社会 生活に 、 学びながら
    先人 ・ 過去 ・ 積み重なり( 学問 )に 、
    学び ながらで ございます 。

     自他一如 ( じた いちにょ )
    「  自 よ 、 慢心すてて 、礼をつくし 、学んで いるのかい ? 」
    「  なにが  一如 かい 、 我で 苦しむ だけだぞ  」
    「  はい  」

   厚顔   無恥
    愚僧  萬拝

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました