PICTURE 6-27-2015

    [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]
<    THE   APPEARANCE   OF   BUDDHA     > NO,  2

<     仏( ほとけ )との 出会い    >  その 2

 「  BUDDHA    IS    A    GOOD   FRIEND    TO    ALL   PEOPLE   .
       IF   BUDDHA    FINDS    A    MAN   SUFFERING   FROM   THE   HEAVY
       BURDEN    OF   WORLDLY    PASSIONS   , 
            HE   FEELS   COMPASSION
       AND   SHARES    THE    BURDEN    WITH    HIM   .
       IF   HE   MEETS    A    MAN    SUFFERING    FROM    DELUSION   ,
       HE   WILL    CLEAR    AWAY    THE    DELUSION    BY    THE   PURE
       LIGHT    OF   HIS   WISDOM    .   

        仏は この世における 、 すべての人々の  善い友 である。
  煩悩( ぼんのう ・  我をもつ 苦しみ ・・・ )の 重い荷物に、
  悩むものが 仏に会えば 、仏は そのために 代わって 、
  その 重たい荷物を になう のである 。

   LIKE    A    CALF   WHICH   ENJOYS    ITS   LIFE    WITH   ITS  
     MOTHER   ,   THOSE    WHO   HAVE    HEARD    THE   BUDDHA,S
     TEACHINGS    ARE    AFTERWARD    UNWILLING   TO    LEAVE
     HIM    BECAUSE    HIS   TEACHINGS     BRING    THEM   HAPPINESS   .

      仏は  この世における  まことの 師 ( 先生 ・ 導師 ・指導者 )
 である 。 < おろかな 迷いに 苦しむもの >が 仏に会えば、

  仏は < 智慧の 光 >によって 、
 その <  闇 ( やみ ) (  悲苦 )(  我の 苦しみ  ) >を
 はらう 。

  子牛 が いつまでも 母牛の側を  はなれないように 、
 ひとたび 仏の教えを 聞いたものは 、  仏を はなれない 。

  教え( 真理 ・ ダルマ )を 聞くことは、
 常に 楽しいからで ある 。         」
    ( 仏教聖典からの 引用  )

 (  なぜ、 楽しいのか ?    
 (  自分中心の 生き方の  苦しみを はなれるからである 。
 (  他人中心でもない 生き方、
 (  真理 ・ 正しさに 従う 生き方が できるからである 。
 (  真の  共存共栄 で ございます 。  
 (  楽しくない はずは ない のでございます 。
 (     残月  註解  、 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

                 桃山時代 の  文化芸術   < アメリカ 、テキサス・ ダラス >
          1996年 ( 平成 8年 )

  007.JPG

  004.JPG

       1996年 ( 平成 8年 )
              ( 小生、平成 6年 に住職 就任 。 先代夫人と 決断する。 )

  012.JPG

  010.JPG

                             I    AM     SORRY

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    LUCK
          GOOD    DAY

           APPRECIATION

           MONK    OF    ARASHIYAMA

         <      ENLIGHTENMENT      TOGETHER    >

           SORRY

           SEE     YOU     AGAIN

  

  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました