6月24日(水) 「 5人の中学生 」 その 10

  「  一度 、道場に 来なさい  」

  『  はい  』

  「  今度は、泊って いきなさい 」

  『  はい  』

  「  一泊 では だめだ 、三泊だ 」

  『  はい  』

  「  一週間 だ 」

  『  はい  』

  「  一番、つらい 一週間 を 」

  『  はい  』

  ・ 先生と 出会って
   五年以上してから、このような対話が
   できるように なりました 。

  ・ < 坐禅 >の ≪ 実修 ≫です 。

  ・  坐禅会 も 多くございます 。

  ・  理論は とても 大切ですが 、
     目的は 実践 実行 体得 、
    <  理解・納得 できて、
       理解・納得できなくても、
       「 ことば 」 「 その人 」 を
       信じて、 行う  >

  ・  ≪  身につけること ≫
    ≪  実行できること  ≫

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   中学生 の 実修 ・ 実習 は
   実に、 いいこと だと 存じます。

   いち早く
  嵐山 大悲閣  千光寺にて
  「  坐禅 の 実修  」
  「  仏道 の 実修  」
  「  人間 の 実修  」
      ・・・・
  「  精神鍛錬 の 実修 」
  「  身体鍛錬 の 実修 」 などを

   実修・実習 できる 寺院に
  きずき上げたい ものでございます 。

  ・ 鍛錬( たんれん )
     金属を 打って きたえ 強くする 。
      焼いて ねり きたえ 強くする 。

      《 純度 》 を たかめる 。。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    小生のことですが、
  「 障害児教育 」 の 実習に
  二週間 通ったことが ございます。

   京都府下 の 学校でした。
  いい 学習・鍛錬 でした 。
   お世話に なりました。
   三十年以上前の ことです。

  「 人間教育 」の中で、 実践して
  いくつもりで ございます 。

  駄弁の 饒舌 おゆるしを
    敬と愛を こめて

   残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

  002.JPG

           ある寺院 です

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

     大悲閣 の 池にも  蓮華を  (  微笑  )

  004.JPG

        WELCOME       WELCOME    ,
                              ようこそ  ようこそ 、 ありがとうございます 。
               THANK    YOU    VERY    MUCH   .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼 いたします
   末筆ながら  よき一日でございますように 。

  ・  現実 現場 の  実行 実践 をする 者・人・家  だからこそ、

     木に 非ず( あらず ) 、 石に 非ず、 < つまり 人間である >
     < しかし > 無思 ( おもう こと 無く 、 なす こと 無し 。 )( 大笑 )

     を、 めざしたい もので ございます 。 ごいっしょに 。

     つまり、
     よけいな ( 余計 余分 )ことは 、 思わない しない ( 微笑 )

   、、、、、、、、、、、、、

     よけい ばかりで
    厚顔  無恥 です

     愚僧  萬拝
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました