6月10日(水) 「 5人の中学生たち 」 その4

  ここ十年以上前から
 来てくれています 。まこと、
 ありがたいことで、ございます。

 1、 セメントによる 道の修理
 2、 水源の 清掃
 3、 パンフレット つくり
 4、 参詣者の方々のご案内
 5、 雨の日は、写経 に 坐禅
 6、 抹茶 体験
 7、 谷から 砂利を 上げる
 8、 長い枝にて、手すり作り
 9、 発掘
 10、 丸太 運び
 11、 英語でご挨拶
 12、 竹ほうき にて 清掃
 13、 石はこび
 14、 草取り
 15、 剪定 せんてい
    、、、、、、、、、、、、

  ありがとう ございました
  仕事として 報酬のためでなく
  学校からとは いえ

  仕事の ために
  仕事をする

  調和を すすめる
  調和を たかめる
  調和を ふかめる
  調和を つくる

  「 調和 」 とは なにか ?

   つまり、
  この世に おいて

「 この 命 を たもち
  この 命 を つかい
  この 命 を いかす 」とは

 どういう事なのか ?

  と 同じことのような
 気が いたします 。

   つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  法話の日の 質問から < その 2 >

『  ( つらく 、かなしい事だらけの 
  人生、 自分の 人生でした 。

   感謝なの しにくい、できない。

   もう、 死にたい )  』

『  もったいない です 。
  < 命 >は ありがたい、です。

   人間 は、 苦しく 悲しい 。
   人生 は、 つらく たいへん 。

   ごもっとも で ございます。

  「 人間 は 苦しく 悲しい 。
    人生 は つらく たいへん 。 」
   
  という、< この思い >から

  < たしかな 道 >
  < 安楽への 道 >
  < 真実への 道 >
  < さとりへの 道 >
  < ひとだすけ の道 >
  < 真の あそび > が はじまります 。

   もう 時間が 無い 。

   まず、 感謝 から
   そして、 反省 を

   たくさん の 感謝
   山のような  反省を
     後悔でなく 反省・懺悔( ざんげ )を

   ありがたや  ありがたや
    この 言葉 は 、、、、 ?
   ありがたや、 この人の 世( 社会・国 )の
   おかげなり、 先人・先祖の おかげなり

   ありがたや ありがたや

   なので ございます 。  』

    つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  007.JPG

        人が 少なくなってきました、写経とか しやすくなりましたよ 。

  006.JPG

     先先代 の 「 なむ あみだぶつ 」  合掌  ( 春応 和尚 )
005.JPG

    紫陽花  (  境内だと  鹿のエサ になるので 、 大笑い  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 004.JPG

      安村 画伯

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG

    坐禅指導  ( 20分 を 3回  )
            本気 の お方は どうぞ

         090  2062  9710  ( 残月 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 003.JPG

      「 犬 は  仏に なれるか ?  」 ( 微笑 )

      「  人 は  仏に なれるか ? 」 ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼 いたします
  末筆ながら  よき一日を

  厚顔  無恥
    愚僧 萬拝

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました