5月27日(水) 「 ある日の 出来事 」 その 7

   その若者は 海の中にいた 。
  八月 というのに 寒い 、泳げない。
  でも、地元の人々が 案内してくれて
  て とても ありがたい事でした 。

   そこは、ポルトガルの首都
  リスボンの港でした 。
  アフリカから 難民が来て混乱
  している、世界の若者が集い
  何かできないだろうか ?
  という、主旨でした 。

   それも、宗教を学んだり
  宗教に かかわっている若者が
  集まり、協力しようではないか?

  「 もう、議論は いい 。
   もう、話し合いは しなくて いい 。 

    現実、苦しんでいる・
   困っている人々のところへ
   行き、できる事を すこしでも
   実現しようでは ないか 。  」

   30歳くらい、まだ 悩める青年は
  参加を 決意いたしました 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、

   30歳にもなり、
   いったい 何を 思い煩う( わずらう )
   のでしょうか ?
    
    < バカ >
    < あほ >
    < まぬけ >
    < きちがい >
    < なまけ >
    < あまちゃん >
    < やまい > では ないか ?

     そうかも しれない 。

   「 身体 」 の 健康 とは 何か ?
   そして
   「 精神  」の 健康 とは 何か ?
   つまり
   「 こころ 」 の 健康 とは 何か ?

   ひいては
   「 社会 」 の 健康 とは 何か ?

   また、やはり、
   「 家族 」 の 健康 とは 何か ?

   ≪ 健康 ≫ という
  もとめるべき < 理想の状態・内容・在り方 >
  を、 もとめていた 。

  ≪ 理想 ≫とは
  『 命 ・ 心 』 が もとめるべき もの
  ではないか ?

  ≪ 調和 ≫ なのか ? ?

   、、、、、、、、、、、、

   仏教でいう 「 さとり 」 とは
 その「 理想 」である 「 調和 」 の状態 なのか ?

   こういった 観点から
  この 若者 の < 仏教探究 >は
  はじまった 。

    つづき  ます

 駄弁 無駄口、はずかしき 饒舌、 おゆるしを

   敬と愛と ともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG

 003.JPG

 004.JPG

 008.JPG

     90歳 の お方が 来て下さいました 。

     「  無 老死  」  合掌 

     『 般若・ 仏 の 光よ 、お包みください 』  大合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

   本日の 船頭さま  「 いつも  ありがとうございます  」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  010.JPG

 011.JPG

    黒松 くん、 世界の 犬好きのみなさんに 可愛がられてます 。
       ありがとございます 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 014.JPG

     大悲閣 の 裏門 です 。
       いつか 公開したいです  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
     よき一日を

   厚顔無恥   愚僧萬拝

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました