PICTURE 5-2-2015

  [    SHAKYAMUNI    BUDDHA     WAS     BORN
           ON     8     APRIL      ]      NO  ,    12

 「 (    IF   HE   LOOKS   IN    THE   RIGHT   WAY   HE   RECOGNIZES
        THE   TRUE   NATURE    OF   SICKNESS    ,    OLD    AGE    AND    DEATH  ,
        AND    HE    SEARCHES    FOR    MEANING     IN    THAT    WHICH   
         TRANSCENDS    ALL    HUMAN    SUFFERINGS    .

         IN   MY    LIFE   OF   PLEASURES    I    SEEM     TO   BE   LOOKING  
       IN    THE   WRONG    WAY    .     )

         正しいものを  もとめることと いうのは 、
  この < あやまり > を さとって 、

  ≪ 老い ≫ と ≪ 病 やまい ≫ と ≪  死  ≫を 
  こえた ( 超えた )

  人間の 苦悩の  すべてを はなれた ( 離れた )

  ≪ 境地 きょうち ≫ を もとめる ことである 。

    今 の わたしは  この
  あやまっていた ものを  求めて者に すぎない 。

     、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THUS    THE    SPIRITUAL    STRUGGLE    WENT   ON  
     IN   THE   MIND    OF    THE   PRINCE    UNTIL   HIS   ONLY   CHILD   ,
     RAHULA   ,    WAS   BORN   WHEN   HE   WAS   29    .

   THIS   SEEMED    TO   BRING    THINGS   TO   A    CLIMAX   ,   FOR
     HE   THEN    DECIDED    TO    LEAVE    THE   PALACE    AND
     LOOK    FOR   THE   SOLUTION     OF   HIS   SPIRITUAL    UNREST
     IN   THE   HOMELESS    LIFE   OF   A    MENDICANT   .

         HE    LEFT   THE   CASTLE    ONE    NIGHT   WITH    ONLY   HIS
       CHARIOTEER   ,    CHANDAKA   ,   AND   HIS   FAVORITE   HORSE   ,
       THE     SNOW –WHITE    KANTHAKA  .

       このように 心を 悩ます日々が つづいて 、
  月日は 流れ 、 太子 29歳の年、 一子 ラーフラ ( らごら )が
  生まれたときに 、太子は ついに 出家の 決心をした 。

   彼は 御者の チャンダカ を ともない 、
  白馬 カンタカ に またがって 住み慣れた宮殿を
  出て行った 。

   そして 、 この俗世界との つながりを
  断ち切って、 出家の 身と なった 。   」

 (  THE   TEACHING   OF   BUDDHA   ,   仏教聖典より 引用  )

    ・  しかし、 まさに
     < 彼 > は < 太子 たいし >であり
     < 家 >でなく <  宮殿 >であり 、

     孤独・孤立 でなく
     ≪ ともの者 ≫が 側におり

     なんと、
     < 白馬 >に またがっての
     ご出家で ございます  (  微笑  )

       また、 子どもが誕生し
      親としての < 責任 >が 発生しながら、
      おそらく、 他のお方に まかせられる 環境に
      いたのでしょう 。

      、、、、、、、、、、、、

      ここで、 彼を 特別だ 、境遇がちがう
     わたしは ボンボン・ ジョウチャン ではない 、

      だから、 関係ないと
     思わないで いただきたい。

      彼が 発見・ 自覚・ 体得 した
     ≪  真理  ≫ とは 、
      直接は  関係無い ので ございます。

     その後、
     色々な 境遇の 方々が
     ≪  真理  ≫を  もとめ 体得し

      安心し 幸福を 味会い
     すべての  存在に つくし 、幸福を 調和を
     ひろげて いった 人々が 数知れず

      いらっしゃつた、
     いらっしゃる からで ございます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

  030.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

         WELCOME    MY    NEW    FAMILY    .   I   AM     SO    HAPPY   .

  010.JPG

  015.JPG

    MY   NEW   FRIEND    FROM    INDIA   .
                 NICE    TO    MEET    YOU   .

   016.JPG

       MY    NEW    FRIENDS    FROM    ISRAEL 
            NICE    TO    MEET    YOU    .

  028.JPG

       MY    YOUNG    GIRL    FRIEND     FROM    FRANCE  .
             NICE    TO    MEET    YOU   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   GOOD     DAY
           GOOD    LUCK
                I   HEARTILY     PRAY   .

          APPRECIATION
              JOIN     MY   HANDS    TOGETHER

             MONK    OF   ARASHIYAMA      JAPAN

  <   WISH    TO   ENTER   INTO   A    LIFE    OF
             ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

         SEE     YOU
      

コメント

タイトルとURLをコピーしました