3月30日(月) 「 執着( しゅうちゃく ) 」 その 9

  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ

      ( 喝采 )
      ( かっさい )
      ( スバラシイ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 執着 >や
 < 自分 >が < それ >を
  もとめてる
 < 自分 >も < それ >も
  たいせつ だから

  < 執着 >や
 < 自分 >が < それ >を
  もとめてる
 < 自分 >と< それ >が
  「 ひとつ 」 に なった

  < 執着 >や
 < 自分 >が きえて
 < それ >となる
  この ( よろこび )は
  なんと いえよう

  < 執着 >や
  < それ > きえうせて
  < 自分 >かな
  この ( よろこび )は
  なんと いえよう

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  古人いう
 < 自分 >というは
 < 夢( ゆめ ) >に < 幻( まぼろし ) >
 < それ >というのも
 < 夢 >に < 幻 >

  古人いう
 < それ >と いうのは
 < 夢 >に < 幻 >
 < 自分 >というは
 < 夢 >に < 幻 >

  古人いう
 < 自分 >と < それ >は
 < 夢幻 ( むげん ) >かな
 < 夢 ( ゆめ ) >に 楽しみ
 < 幻 ( まぼろし ) > 愛す

   
     つづき  ます

   駄弁駄歌 の 饒舌
        おゆるしを
     
 「 歓喜 」 「 法悦 」( ほうえつ )
      (  絶対安心 )( 大笑 )、( うそー )( 大笑 )
           の ために

      敬と愛と ともに
         残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  <  櫻 だより  > その三

  002.JPG

  001.JPG

  008.JPG

   失礼いたします
 末筆ながら  よき一日で ございますように 。

   厚顔  無恥
    愚僧 萬拝

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました