PICTURE 2-17-2015

  [    FEBRUARY     FIFTEENTH      2 / 15  <   NIRVANA  >  ]   NO,  2

「 UNDER   THE   GUIDANCE    OF   ANANDA  ,    THE   BUDDHA , 
   FAVORITE   DISCIPLE  ,  THE   BODY   WAS   CREMATED   BY   HIS
   FRIEND   IN   KUSINAGARA  .

     クシナガラ の 人々は、
 釈尊が < 涅槃 ねはん >に 入られたのを
 悲しみ 嘆き( なげき )、 アーナンダ ( 阿難 弟子の一人 ・従弟いとこ )
 の 指示に したがい、 定められたとおりに、
 釈尊の< 遺骸 いがい >を 火葬( 荼毘 だび )にした 。

、、、、、、、、、、、、、

  SEVEN   NEIGHBORING    RULERS    AS   WELL    AS    KING  
   AJATASATRU    DEMANDED    THAT    THE   RELICS   BE   DEVIDED
   AMONG   THEM  .
   
  THE    PEOPLE  OF   KUSINAGARA    AT   FIRST   REFUSED   AND
    THE   DISPUTE   EVEN    THREATENED   TO   END   IN   WAR  ,

     BUT   UNDER   THE   ADVICE   OF  A   WISE   MAN   NAMED   DRONA  ,
   THE  CRISIS   PASSED   AND   THE  RELICS   WERE   DIVIDED  
    AMONG   THE    EIGHT   GREAT   COUNTRIES  ,

     この時、 マガダ国の王 アジャータシャトル を はじめとする
 インドの8つの国々の王は、
 釈尊の遺骨( いこつ )の分配( ぶんはい )を乞うたが、
 
 クシナガラ の人々は、 これを拒否し、争いが起こった。

 しかし 、賢者( けんじゃ )ドローナ の計らいにより、
 遺骨は、八大国に 分配された 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  THE   ASHES   OF   THE   FUNERAL   PYRE  AND   THE   EARTHEN
   JAR   THAT   CONTAINED   THE    RELICS   WERE   ALSO   GIVEN
   TO   TWO   OTHER   RULERS    TO   BE   LIKEWISE   HONORED  .

     THUS   TEN   GREAT    TOWERS   COMMEMORATING    THE
   BUDDHA   WERE   BUILT   TO   ENSHRINE   HIS   RELICS   AND
   ASHES  .

     その他の、 遺骸の甕( 遺体の入っていた 入れ物 )と
 火葬の後の灰( はい )を 受けた者があり、
 それぞれの 国に奉安( ほうあん )されて、

 この世に、
 仏( ほとけ )の、 10の 大塔( だいとう )が
 建立( こんりゅう ) されるに いたった 。            」

 (  THE   TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典より 引用  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 002.JPG

  KYAKUDEN  (  客殿 ) NAMED    <   LITTLE   EARTH   >

  009.JPG

      INSIDE     OF    KYAKUDEN

 007.JPG

    HOW    BEAUTIFUL   ,    TODAY   .

 016.JPG

     WELCOME  ,    FROM     SWEDEN    AND    MANY    COUNTRIES   .
           WELCOME    WELCOME  ・・・・・・・・   ・・・・・・

 018.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 011.JPG

 013.JPG

   OH  SORRY  ,      MY    DIRTY    FOOT   (    SMILE   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
                I    HEARTILY     PRAY   .

                APPRECIATION
             JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

                  MONK   OF    ARASHIYAMA     JAPAN

      <      WISH    TO   ENTER   INTO   A   LIFE    OF
            ENLIGHTENMENT     TOGETHER   >

             SEE     YOU   .
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ・ 「  NOT   TO   DO   ANY   EVIL  ,   TO  CULTIVATE    GOOD   ,
             
TO   PURIFY    ONE,S   MIND  .—
                 THIS  IS  THE  ADVICE   OF   THE   BUDDHAS  .

                もろもろの 悪をなさず、 もろもろの 善を行ない 、
        おのれの < こころ >を
         清く( きよく ) する。

       これ諸 仏の教えなり 。  」

    (  DHAMMAPADA    ダンマパダ  法句経 NO,  183   )

       ・  「 心を 清くする 」 とは どういう事か ?

  ・  「 心が 清くなる 」 とは どういう事か ?

      失礼いたします。   山僧

コメント

タイトルとURLをコピーしました