2月9日(月) 「 中道( ちゅうどう ) 」 その 5

  釈尊は、
 < 快楽 >と< 苦行 >の
 二つを のりこえた 、はなれた、
 ふりまわされない、
 ≪ 不苦 不楽 ≫( ふく ふらく )
 の 「 中道 」という
 ( 心の 置きどころ )
 つまり ( 観 ・ 中観 ・ 見 )
 ( 心の 使い方 )
 つまり ( 生活 ・ 道 ・ 行 )
 を 、
 私たちのために、
 「 指し示して 」
 教えて くだされた。

 そして また
 ≪ 不断 不常 ≫( ふだん ふじょう )
 つまり 「 たたない・関係をやめず また
 つねでもなく・いつもではない 」
 なんだ、これ ( 大笑 )

 自分自身の 実生活で
 考え とらえて ください。

 「 お茶 を 断たたない
   しかし 常( つね )でもない 」
 「 断つこと
   常である( 断たない )
   の
   二極に
   ふりまわ されない 」

 「 コントロール できる 」

 つまり
 「 自由 」

 また
 「 独立 」
( 不羈 ふき ・
< おもがい >( 馬具 )
馬をコントロールする道具、
なんて いらないよ。
「 自分で 判断できるさ 」 )

 しかし、
 とても
 むずかしい ことで
 ございます。

( だから、学習・修業・訓練
  先生・師匠・古人・先人
  に 学ばなければ、
 また、実行し
 失敗し 失敗しながら
 身に付けて
 いかなければ・・・・

 そして
 ≪ 非有 非無 ≫( ひう ひむ )
 つまり 「 ある でもなく 、 ない でもない 」
 『 自分 』 とは まさに そうである。
 しかし、
 『 自分 』に とらわれず
 『 自分 』を いかす ことは
 とても
 むずかしい。

  以上の三つは
初期の 仏教で よくいわれた。

、、、、、、、、、、、、、、

 その後、
発展 ? 成長 ?
社会化 ? 世界化 ?
≪ 時 ≫ の積み重なり とともに
≪ 人 ≫ の「 実践・実行 」 の
 積み重なりと ともに、

 「 八不 中道 」( はちぶ ちゅうどう )
 が 成立 ( 考えの整理 )

 1、 ≪  不生 不滅  ≫
 2、 ≪  不常 不断  ≫
 3、 ≪  不一 不異  ≫
 4、 ≪  不来 不去  ≫

  また
いっしょに
考えたく 存じます。

 想像してて
ください ませ。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

  そういえば、
 身近な 般若心経 でも

 「  不生 不滅 
    不垢 不淨
    不増 不減  」
 ( ふしょう ふめつ
   ふく ふじょう
   ふぞう ふげん )
 を
 語っています。

、、、、、、、、、、、、、、

 ただし、これらの考え
 ( 中道 ) は
 「 苦しみ 」を のりこえるため
 で あり

 「 死 」 の不安・恐怖を
 のりこえる ためのもので
 ございます

 そして、
 できるだけ
 たくさんの 人々を
< 愛する ため >で ございます 。
 ( ケンカせず ・ にくまず ・ 
   軽んじず ・ 無視せすることなく )

 また、たんなる
「 知的探求 」でなく、
 学問としての「 哲学 」 でなく

 宗教哲学
< 実践の哲学 > と いえるかも
 しれません。

 ( すみません、余談・蛇足です )

   つづき ます

 駄弁の 饒舌
  されど 敬と愛を
   こめて

 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

 010.JPG

     今日は 二そうの 舟で、 ガイドさま御一同 が来て下さいました。
    本年も、アメリカの方がと 新しい家族を つくってまいります。

     たんなる 「 観光 」 で ないものを
    実行いたす所存に ございます。 2年目の成長をも 伝えていきます。

     G.C.C.  そして O.A.T.  さま、 心より感謝申し上げます 。( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 008.JPG

  <   さくら ・ ぼけ ・ つばき  > でございます。

  日本で唯一 の 「 しきび の 線香 」 も ございます。( 左がわ、2箱 )
   嵐山 大悲閣 でのみ 常時、 みなさまに おわけいたして います。
     どうぞ、 どうぞ、、。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 005.JPG

    千光寺( 嵐山 大悲閣 )の 住職の 御墓です。
      北嵯峨、 直指庵( じきし あん )

 001.JPG

    悪天のため 先週 お参りできませんでしたが、本日行ってまいりました。
  ( 法話会の 菩薩さまがた です。
        いつも、ありがとうございます。 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日で ございます
   ように

 厚顔  無恥
   愚僧 萬拝 

  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました