PICTURE 2-6-2015

  [    DECEMBER      EIGHTH      12  /   8   ]      NO  ,   30

「  6、 IT   IS    HARD   TO   KEEP   THE    MIND    PURE    AGAINST
             THE    INSTINCTS    OF   THE   BODY   .

       7,     IT   IS    HARD   NOT    TO   DESIRE    THINGS   THAT   ARE
             BEAUTIFUL    AND   ATTRACTIVE  .

       8,     IT   IS     HARD   FOR   A    STRONG    MAN   NOT   TO   USE
             HIS    STRENGTH     TO    SATISFY    HIS   DESIRES  .

       9,     IT   IS     HARD    NOT   TO    GET    ANGRY    WHEN    ONE  
             IS    INSULTED    .

     10,    IT    IS     HARD    TO   REMAIN     INNOCENT    WHEN    TEMPTED
             BY    SUDDEN    CIRCUMSTANCES   .

       6、 身体的< 欲望 ・ 願望 >を、満足させながら、
      純粋な < こころ >を、保つことは、むずかしい 。

    ・  生きるということは、
     < 内なる世界 >と< 外の世界 >とを、
     ( 一致させる )・( 一つに 成る )かも しれない。

    ・  古代の人類は
     < 外の世界 >の < あるものは 多い >から
     ≪ 根本・本質・原点 ≫を もとめた、
     それを 「 ブラフマン ・ 梵 ( ぼん ) 」と
     いう 言葉 で いい表わした 。

     < 内なる世界 >に < あるもの( 心・意識・欲望 ・・)
     は 多い >から、
     ≪ 根本・本質・原点 ≫を もとめた、
     それを 「 アートマン ・ 我 ( が ) 」という
     いう 言葉 で いい表わした。

     < 外の世界 >で もとめつづける も 当然
     < 内なる世界 >で もとめつづける のも 当然

     当然・必然・自然 で あたりまえです 。

     そして、
     < もとめつづける > ことに
     つかれたり・あきたり・いやになったり
     疑問を 感じたり した人々は

     この 二つの世界の、あらわれ、
     < 現象 ( げんしょう )>
     の
     ≪ 根本・本質・原点  ≫ どうしを

     一つに したら

     よいのでは ないか ?
     満足・歓喜・至福に いたれるのでは
     ないかと  思いました 気づきました 。

     そこで、、、、、つづき ます。

       今日、仲間が みんな
      お休みです。
       大切な ところ ですが、、。

   駄弁ながら
     敬と愛を こめて
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  008.JPG

  021.JPG

    I    AM    SORRY

          SEE    YOU    AGAIN

   

            

コメント

タイトルとURLをコピーしました