PICTURE 1-21-2015

 [   DECEMBER      EIGHTH     12  /   8   ]      NO,  22   

「  IF  ALL    HAS   BEEN    DECIDED    BY    DESTINY   ,
     BOTH   GOOD    DEEDS    AND    EVIL    DEEDS    ARE  
     PREDETERMINED  ,     WEAL    AND   WOE   ARE  
     PREDETERMINED  ,    NOTHING    WOULD    EXIST   THAT
     HAS   NOT   BEEN    FOREORDAINED  .

      
        THEN     ALL    HUMAN   PLANS   AND   EFFORTS   FOR
    IMPROVEMENT    AND   PROGRESS    WOULD   BE   IN
    VAIN     AND   HUMANITY    WOULD   BE    WITHOUT
    HOPE   .

       もしも、
  すべてが 「 運命 」によって 、
  定まって いるならば、
  この世に おいて 、
  善い事をするのも、 悪い事をするのも 、
  みな「 運命 」であり 、
  幸福 も 不幸 も 、
  すべて「 運命 」と なって、
  「 運命 」のほかには、
  何も 存在しないことに なる 。

   したがって、人々に、
  「 これは しなくては ならない 」
  「 これは しては ならない 」 という 、

  < 希望 >も < 努力 >も なくなり 、

  世の中の
  < 進歩 >も < 改良 >も ないことに なる 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THE     SAME     IS   TRUE    OF   THE    OTHER   VIEWPOINTS ,
    FOR   ,    IF    EVERYTHING    IN    THE    LAST   RESORT   IS
    IN   THE    HANDS   OF   AN    UNKNOWABLE    GOD   ,    OR
    OF   BLIND    CHANCE    ,     WHAT    HOPE    HAS    HUMANITY
    EXCEPT   IN    SUBMISSION   ?

        IT    IS   NO   WONDER    THAT    PEOPLE    HOLDING    THESE
    CONCEPTIONS    LOSE     HOPE    AND    NEGLECT    EFFORTS
     TO     ACT   WISELY    AND    TO    AVOID    EVIL   .

        次に、
 「  神のみ業( わざ )である 」 という説も

   最後の
 「  因( 直接原因 )も 縁( 間接的原因 )もない  」という説も

   おなじく  みとめられない
  なぜならば、
  悪を はなれ 、 善をなそうという
  
   < 意志 >も < 努力 >も < 意味 >も
  すべて 無くなって 、 しまうからである 。     」

 (  THE    TEACHING    OF   BUDDHA     仏教聖典より、簡略 残月 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

  003.JPG

  008.JPG

  011.JPG

  007.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  006.JPG

    [  ZAOU    DAI   GON   GEN   ]    IS    THE     SMALLEST    SHRINE
                    IN    A     MOUNTAIN–ARASHIYAMA   ,    FROM    NARA    BY
                   GOSAGA   TENNOU   .

          「 蔵王 大権現 」  嵐山の 山中 に ございます。
   後嵯峨天皇が 奈良の吉野から 勧請( かんじょう )( 神仏の霊を移し祭る )。
   それは 「 吉野の桜 」を 嵐山に、 移植したからで ございます。

    この千光寺は、
   御嵯峨天皇の 勅願寺院で はじまりました。
   鎌倉の 建長寺の末寺です。嵯峨 中院にございました。

    400年後に  了以翁が 移転再興 いたしました。

    それから、400年後の 現在,
         微力ながら、熱い心と、まだまだ小さな仏心でもって、
   < 再 再興 >を 進めて います 。 

     どうか、 みなさま
    『  嵐山  観音  』 の 再興に
      ご協力くださいませ 。   大合掌
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    「 この 再興 に どのような
       意味・価値 が あるでしょうか ? 」

    「  また、、、  」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    
DAY
           GOOD     LUCK
                   I     HEARTILY    PRAY    .

             APPRECIATION
             JOIN     MY    HANDS    TOGETHER

               MONK   OF    ARAHIYAMA
        <    WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                   ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

コメント

タイトルとURLをコピーしました