PICTURE 12-26-2014

  [     DECEMBER    EIGHTH      12   /   8     ]    NO,   10

  「  <      THE     FOURFOLD   NOBLE    TRUTH    >

         1 .     THE    WORLD    IS   FULL    OF    SUFFERING   .

                 BIRTH    IS    SUFFERING  ,
                 OLD  AGE   IS   SUFFERING  ,
                  SICKNESS    AND  
                   DEATH     ARE    SUFFREING ,

           TO    MEET   A    MAN    WHOM    ONE   HATES   IS    SUFFERING   ,

           TO    BE    SEPARATED   FROM     A    BELOVED    IS    SUFFERING  ,

            TO    BE    VAINLY    STRUGGLING   TO   SATISFY    ONE,S   NEEDS
                      IS     SUFFERING   ,

             IN     FACT  ,     LIFE   THAT    IS   NOT    FREE    FROM    DESIRE  
                      AND    PASSION     IS    ALWAYS    INVOLVED   WITH    DISTRESS  .

               (    THIS    IS    CALLED    THE    TRUTH   OF    SUFFERING    )

            <        四つ  の  真理   >

         1.      この人間世界は  苦しみに 満ちている  。

       生も苦しみであり
       老いも  病も
       死もみな
       苦しみで ある。

     うらみある人と 会わなければならない こと
     愛する人と 別れなければならない こと
     また、 求めてえられない こと
     まこと、 執着( しゅうちゃく )を はなれない人生すべて苦しみである。

     ( これを 苦しみの真理という )( 苦諦  くたい ) 

             、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    2 .      THE   CAUSE    OF   HUMAN    SUFFERING    IS    UNDOUBTEDLY
                  FOUND    IN   THE    THIRSTS    OF   THE   PHYSICAL    BODY 
                  AND    IN    THE    ILLUSIONS    OF    WORLDLY    PASSION    .

        IF   THESE   THIRSTS    AND   ILLUSIONS    ARE   TRACED     TO
                  THEIR     SOURCE    ,     THEY    ARE    FOUND    TO    BE   ROOTED
                   IN    THE    INTENSE     DESIRES    OF   PHYSICAL   INSTINCTS  .

                  THUS    ,    DESIRE   ,    HAVING    A    STRONG    WILL-TO-LIVE
                AS   ITS   BASIS ,    SEEKS   THAT    WHICH     IT   FEELS    DESIRABLE  ,
                EVEN    IF    IT   IS   SOMETIMES     DEATH   .

          (     THIS   IS   CALLED   THE   TRUTH   OF   THE   CAUSE   OF   SUFFERING .  )

          2 .    この人生の 苦しみが どうして おこるのか ?  それは
         人間の心に つきまとう  煩悩( ぼんのう )から おこることは
         疑いない。

       その 煩悩を つきつめて いけば 、生まれつきそなわっている
      はげしい 欲望に ねざしていることが わかる 。

        このような 欲望は  生にたいする はげしい執着( しゅう ちゃく )
       もととしていて 、 見るもの  聞くもの 欲しがる、欲望となる。

        また、転じて、 死をさえ 願うようになる。

    (  これを 苦しみの 原因という  )( 集諦 じつ たい )        」

      (  THE    TEACHING   OF    BUDDHA    仏教聖典より、引用  )

      (  TO   BE    CONTINUED     つづき  ます  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、

  004.JPG

    柳 ( 楊 やなぎ )   WILLOW

          ・  小野 道風  ( おのの どうふう )の 故事を
         思いだします。
         「 花札 」 雨の一つですね 。

       ある雨の日、
      柳に 飛び乗ろうと している カエルを
      見ました。

       「 バカな ことを している
         飛び乗れる はずは ない 」 と
        心の中で 笑っていました。

       カエル は 何度も いどみます。
       失敗、また、しっぱい 。

       すると、一陣の風、
        、、、、、
      
        みごと、カエルは
       柳にのりました。

       それは、見た、道風。
       おのれ を 恥じた 。
        ・・・・・・

       「  あさはかさだ。
         みかた、かんがえが
          あさく、おろかだ 。

         また、 わたしは、
         努力しているのか ?

         精一杯
         精進しているのか ?

          この カエルの
           ように、、、、、  」

        その後、
       書道の名人となり、
       和風・和様の書を確立した。

     、、、、、、、、、、、、、、、、

        すばらしい。
       後世のわたしたちも、
       この故事に 学び
       精進したいもので
        ございます。  ( 合掌 )

      『  むずかしや
          おおむずかしや
          いやになる
          めんどうくさい
          したくないああ   』 ( 大笑 )

      『 喝 ( かつ ) 』 ( 大大笑 )
       ・ 一陣 の 風

  001.JPG

  002.JPG

  003.JPG

      京都の 花屋さんは 、年末の今、
     てんてこまい( 天手古 舞 )の忙しさです。

      御正月の準備です。
     「 柳の枝 」 を 使った、「 餅 花 」つくりも ございます。
     ( とても 美しいもので ございます )

      伝統格式は
     多くの方々の、たいへんな、努力精進により
     まもり伝えられて きています。

     「  ありがたや  ああありがたや  ありがたや  
          このよの花や  この世のことは  」( 残月 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   GOOD    DAY
        GOOD    LUCK
              I     HEARTILY    PRAY .

            JOIN   MY   HANDS    TOGETHER
             APPRECIATION

      <     WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                  EN LIGHTENMENT    TOGETHER    >

            SEE     YOU  .

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました