10月12日(日)  彼岸へ  10

 「 彼岸へ 」1から9
で、駄弁を弄し、

小生は 何を
語らせてもらって
きたのでしょう 。

 前向きに
さわやかに、
苦しくても
悲しくても

 にげないで
すこしづつ
前に進みたい
ですね、
ごいっしょに。

 という事です。

、、、、、、、、、、、、

 理屈・言葉で
すべての真理は
表現されて
いるような
気がいたします。

 実行・実践
じつこう・じっせん です。

 東洋思想
とくに、仏教は
身体をとうして
学びます。

「 だまされても
いい 」 と
感じられるような

何かを
実行してください。
、、、、、、、、、、、、、、

 「 ゴミ ひろい 」
も いいですね。
時々 。
どこで ?
公園ですか ?

住んでいる所の
まわり ?

 散歩 道 ?

 お部屋 ?
( 小生 反省 )

、、、、、、、、、、、

 でも、きっと
『 思い 』 に
「 出てくる思い 」に
とらわれ
できなくなり がち
でございます。

『 だれが すてたの?』

『 なんで わたしが?』

『 そんな こと 』

『 いやな こと 』

『 はずかしい 』

『 ひとに
  みられる 』
  ・・・・
  ・・・・

( 微笑 )( 大笑い )
( 笑えない )

、、、、、、、、、、、、、

 お風呂場での
修行でも( 微笑 )

あたたかく
なった< からだ >に

水をかける。

 「 おお いやなこと 」

 「 せっかく
  あったまったのに 」

 「 さむー 」

 いやな 事の体験です

 自分で量を
調整できます。

 水量も幅も調整
できます。( 微笑 )

「 さむー 」を
体験して
そして、
「 お湯 」をまた
味合います。

< 歓喜 >で
ございます。( 微笑 )

・ 温と冷
  陽と陰を

  よくあじあう

  すると
 皮膚
 からだ
 精神という

 空なるもの
 ( 温でも 冷でもない
 ( 陽でも 陰でもない
 が
 強くなります。

 つまり、あんまり
環境に左右されなく
なります。

 感じるけど、
心うばわれない
つまり、
心は
天地とつながり
あんていし
いつでも
なんでも
だれでも
 あいし たいせつに
できる。

、、、、、、、、、、、、、

 人は、すぐにいう。
だから、
御年の方
幼児の方
ご病気の方
は、無理は
できません。

 科学の発達の
意味は ?
 環境に左右されない
ために、あるのでは

 科学技術は
すばらしい、
ありがたい、

 ただ、
あまえ すぎない
依存 しすぎない
ことが
大切ですね
( 微笑
( どなたも、おわかり )

 身体・精神が
軟弱・あまえん坊に
なっちゃいます。
( 愚僧 反省 )

、、、、、、、、、、、、

「 100の理想( ことば )
より
1つの実行(たいけん) 」

で ございます。

 小生・愚僧
反省です。

 つづき  ます。

駄弁を弄しました
 されど
  敬と愛を
   こめて
 残月  合掌

001.JPG

      曇り です。    これも また すばらしや 。

002.JPG

      桜が  すこし 、、、、 。

005.JPG

       ローズマリー です
   寺の仲間で、さがしています、 何が 鹿に食べられないか ?
   ある方の プレゼントです。 はたして、どうでしょう ?
    鹿さんの お口には、、、、( 微笑 )

004.JPG

   すばらしい、おもしろい です。
  欧米の方々は、ハピーブッダ( happy   buddha  )とおっしゃいます。
  立っている 布袋( ほてい )さま ? ( 微笑 )
    昨年 寄進していだだきました。 ( 大感謝 )

 失礼いたします。
末筆ながら
 よき一日で
  ございますように。

厚顔 無恥
 愚僧  萬拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました