8月20日(水)  地蔵盆  5

  昨日の
六つの世界は
私たちは、
生きながら
味わっています。

  また、
現在の日本国の
社会では、
多くの方々が、
「 天上の世界 」に、
お住まいであり、
また、
「 天上の生活 」を
時々、味会うことが
できる、
豊かで
成熟した社会で
ございます。

  しかし、
不思議な事に、
この日本社会でも、
「 地獄の生活 」
「 餓鬼の生活 」
「 畜生の生活 」
「 修羅の生活 」
が、
溢れている
いるような
気がしてなりません。

 どなたさまも、
そう御感じの事で
ございます
でしょう。

 奇妙なことです、
幼く弱い子供たちが、
なんと、ひどい世界に
住み、
ひどい生活を
強いられているでは
ございませんか。

 ご高齢の方々の
被害も、数え
切れない現状
でございます。

 利益至上主義は
職場においても、
ひどい世界・生活
のようで
ございます。

  さて、
ここからが
大切です。
 ここを
『 人間世界 』
だからと、
あきらめない事です。

  さて、
そのためには、
どうしたら
よいのか ?

 どなたも、
「 感じる
 考える
 悩む
 思案
 立ち止まる 」
 ところで
ございます。

 ここから、
はじまります。

 あきらめません。
あきらめない、
「 愛 と 勇気 」
です。
 アンパンマンの
歌でございます。
 ( 大笑 )
 ( 微笑 )

 つづき ます。

駄弁ながら
  敬と愛を
 こめて

 残月  合掌

<  ぜつぼうや
  ぜつぼうなんて
  しらないぜ
  てんちのあいだ
  こころはもえる >

飛びながら
 失礼いたします。

末筆ながら
  よき一日で
 ございます
  ように。

愚僧  萬拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました