8月7日(木)  お盆まいり  7

 「 お盆まいり 」
ですから、
しばし、
外界から、
俗界から、
「 対象から
  離れる 」
ことも、
そう
 悪い事では
ないかも、
しれません。
 ( 微笑 )

、、、、、、、、、

昨日、

「 心を尽くす 
  己を尽くす
  身を尽くす
  魂を尽くす
  命を尽くす 」

 と考えました。
 でも
あたりまえだ、と
いわれそうです。
 ( 微笑 )

 『 尽くすとは ?』
どういう事かと
考えながら、
体験しながら、

対象から
離れるという
『 禅定 』
について
ふれたく
存じます。

、、、、、、、、、、

 「 対象から
   離れる 」

  責任放棄
  でなく

  無関心
  でなく

  放任
  でなく
  でございます。

 、、、、、、、、、、

  四禅定

1、 離生喜楽
( りしょう きらく )
( 欲望から
   離れることに
   よる喜び楽 )

2、 定生喜楽
 ( じょうしょう 
      きらく )
 ( 禅定からの
     喜び楽 )

3、 離喜妙楽
 ( りき 
    みょうらく)
 ( 普通の喜び
   を離れた、
   その真楽 )

 4、非苦非楽
 ( ひく ひらく )
 ( 苦ではなく
   楽でない、
   境地・
   心境 )

   以上
 四禅定は
 仏教以前から
 の体験・教え
 といわれています。

5、空無辺処(天)
( くう 
   むへんしょ )

6、識無辺処(天)
( しき
   むへんしょ )

7、無所有処(天)
( む しょゆう
   しょ )

8、非想
  非非想処(天)
( ひそう
 ひひそうしょ )

 八禅定です。

  つづき ます

古人先人
  万人
  億人
 に感謝しつつ

 残月  合掌

< 
  ころころと
 うごきまわりし
 ひとこころ
 馬か猿だか
 虎かも
 しらず
  ( 微笑 )

  無心とは
 心、無しなり
 なにやある
  しずかな時を
  あじあい
  さがす

  無我なんぞ
 我( われ )、
 無しなりぞ、
  しずかな時を
  あじあい
  さがす  >

失礼いたします。
末筆ながら、
 よき一日で
  ございます
  ように。

愚僧  萬拝
 
 

 
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました