7月31日(木)  尽心とは ?  2

 「 力を つくす

   心を つくす

   己を つくす 」

   これが
   すべてでは
   ないでしょうか ?

  ( 人生にとって、
    夢幻の
    命にとって。

    また、
   短い人生に
   おいて。 )

 、、、、、、、、、、、

 「 全力を つくす

   真心を つくす

   自己を つくす 」

   それで
   どうした
   効果結果は
   あったのか ?

   それは
   どうでもいい。
   それは
   関係ない。
  ( 微笑 )

  、、、、、、、、、、

  「 思い つくす

    考え つくす 」

    あきらめない
    真剣だ
    熱意だ
    情熱だ
    執着か ?

    それでいい。

  、、、、、、、、、、、

  「 愛し つくす

    信じ つくす 」

   己を  すてる
   自分を  すてる
   自利を  すてる

   生きていけるか ?

   ためしてみる。
   ( 微笑 )

 駄弁ながら
   敬と愛を
     こめて
  残月  合掌

< 江戸時代の
  儒学( じゅがく )
  とその実践。
   昨日の
   つづき

  名君といわれた
 米沢藩主と
 儒学者の例です。

  師  平州
  弟子 鷹山

  藩を
  立て直す。
  「 学ぶ
    思う
    行う 」
  を
  一致
  ( いっち )
  させていく。

  『 勇
   ( ゆう )
   でもって
   行う  』

(  ああ
  反省です )

  勇気を
  もって
  決意
  決断、
  実行
  実践。

  責任は
  自分。
  
  失敗を
  おそれない。

  師匠を
  自分を
  信じる、から。

  なぜ、
  信じきれるのか?
  「 道 」が
  全てだから。

  「 道 」とは
  なにか ?

  「 知行
    一致 」
 ( ちぎょう
    いっち )
 で
 ないでしょうか?
 
  「 一致 」
  とは ?

  これぞ、
  「 こころ 」
  の働きか ?

  「 はたらき 」
  とは ?

  これぞ
  「 いのち 」
  なりけり。
  ( 微笑 ) >

多弁を弄し
 ました、反省し
 つつ、
 失礼
 いたします。

「 青き空
   ぬれてしたたる
     蝉しぐれ 」
    ( 残月 )

 愚僧  萬拝

   

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました