7月6日(日) 真理とは ?  6

   真理 3 の
 五島の福江教会の
 入口の上に、
  刻まれている
言葉の件でございます。

  記憶があいまいな
 愚弟のために、
 奔走してくれました。
   ( 感謝 )

  お伝えいたします。

 『  我は
   道なり
   真理なり
   生命なり  』
   ( ヨハネ伝 )

  ・ 真理
   ( まこと )

  ・ 生命
   ( いのち )

  ・ 我
   ( われ )
   ( キリスト )

 、、、、、、、、、、

  小生の、

  『  真理
     道
     言葉
     愛   』

  だいぶ、
  ちがってました
  ( 笑 )
  でも、
  心は同じです。
  ( 微笑 )

  、、、、、、、、、、

 「 真理 」は

  だれでも
  いつでも
  どんなばあいでも

  ・ 正しい
  ・ 問題なし

  ・ 文句なし
  ・ 不安なし

  ほしいけど
  あるのか ?

 ・ どなたにも よく

 ・ いっつでも
    時代をこえて

 ・ どんなばあいでも
    社会制度
    歴史現実
      をこえて

  、、、、、、、、、

  ・ この人間

  ・ この時

  ・ この場合

   の条件が
   つくような
   現実実際の
   社会
   職場
   町内
   家庭
   交際
   、、、、、
   ようです。

    しかし
   これでは
   「 つらい 」
   「 不安 」
   「 いい加減に
    なりそう 」
   「 環境
     状況
     流行
   なりゆきまかせ 」
    
    なりそう。

   そして、
   
    どのような人
    どんな時
    どんな場合

    でも
    通用するのは
   「 通貨貨幣 」
   なのか ?
   と、

   思いがちです。

    国家体制制度
   でちがう、
    やはり

   「 金 」( きん )
  「 金剛石 」
  ( ダイヤモンド )
    なのか ?

    あらゆる
   < 民族 >
   < 集団 >
   に、

   通用し
   安心できる
    『 もの 』。

   安心 ?
   生命をまもる ?
   我を維持する ?

   つづき   ます

 駄弁ながら
    敬と愛を
   こめて
 残月  合掌

<  小生の
   幼稚園時代
  ふるさと五島
  福江島で
   「 大火 」が
  ございました。

   ひどい惨状
  だったようです。

   しかし、
  街の中心部に
  あった
   福江教会のみ
   ぽっんと残ってい
   ました。

  後で知りましたが、
   なんと、
   信者さんたちの
    働きのおかげ
    だったそうです。

   愚僧、驚き、
  感動いたしました。>

 走りながら
   失礼いたします。
  末筆ながら
   よき一日で
  ございますように。

 愚僧  萬拝
    

コメント

タイトルとURLをコピーしました