7月3日(木) 真理とは ? 3

  小生の故郷は
 長崎県の五島列島で
 ございます。
  キリスト教の教会が
 多いところです。

  以前、帰省の折
 船の乗りますと
 よく修道院のシスター
 の方々をお見かけ
 しました。

   すると
 「 これから
  父母のいる
  ふるさとへ、
  向かうんだ 」と
 いう思いが
 自然と
 深くなって
 いきました。
 

  今、「 真理とは? 」
 と書きましたら、
 ふるさと五島の
 ある教会の入口の上に
 あった言葉を思い出し
 ました。

  正確ではないかも
 しれませんが、次の
 ような< 言葉 >
 でした。

  『 真理とは
   道であり
   言葉であり
   愛である  』

  いや、

  『  神とは
    真理であり
    道であり
    言葉であり
    愛である 』

   いや、
 < 神 >を、最初に
 もってくるのは
 あまりにロコツですね。

  、、、、、、、、、、、

  ところで、

  「  神とは
    愛であり
    理解し
    許すことである 」

   どなたの
  お言葉だった
   でしょうか ?
  < 真理の言葉 >と
    存じます。
   そのとうりです。

  、、、、、、、、、、、、

   カトリック教会の
  言葉は、五島在住の
  姉に、確認してもらって
  から、正確に
  お伝えいたします。
   ( 微笑 )
   ( すみません )

   この教会には
  もう一ついい言葉が
  入口の横の石に
  刻み込まれています。

   それは、
  聖書の言葉でした。

   おおざっぱな
   内容ですが
   ( すみません )

  「  お供えを
     もって
    よくお参りして
    くださいました。

     しかし、
     もし、
    兄弟姉妹
    仲間で
    ケンカしている
    のならば、
 
    いますぐ、
    家にかえり
    仲間のもとへ
    行き

    仲直りしてから
    もう一度
    お参りして
    ください   」

    なんと。
    すごい。

    仏教寺院の
    門の横には
    あまりないような。

    そうでした、
    色んな教会の
    入口の
    言葉には
 いつも感動いたします

  『  重荷をせおい
    疲れた人は

    わたしのもとへ
    来なさい

    、、、、、、、  』

   愚僧も
   このような
   言葉を、
   早く、
   寺院の入り口に
   はれるよう、
   自分自身を
   高めなくては
   ならないです。
 ( ああ
    はずかしや )

   「  何日の
    何時から
    何時まで
  坐禅しているので

     いっしょに
   坐りましょう  」

   とか、

 「 渡月橋上の托鉢後
   中の島公園での
   辻説法  」

  托鉢は、できるように
  なりましたが、
  < 辻説法 >は
  まだ、できない。

  もっともっと
   もっともっと
  真理体得と
  慈悲のカタマリに
   ならないと
  できない。
   ( 大反省 )

    つづき ます

 駄駄弁を
   弄してしまい
     ました
    おゆるしを。
  残月   合掌

<  昨日 犬の
   名前を
   まちがえました。
   ( 反省 )

   1 花子
   2 ユリ
   3 太郎
   4 さくら
   5 もみじ
   6 すみれ
   7 「 黒松 」

   7を、太郎と
   してしまいました。

   黒松、ゴメン。

   それにしても
   植物園の中みたい
   な、我が犬族です。
     ( 大笑 )>

  飛びつつ
    失礼いたします。
  末筆ながら
    よき一日で
   ございますように。

  愚僧   萬拝
     

   
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました