6月15日(日)  信仰( しんこう )とは ?

   昨日の言葉を
  ちょつと、間違えて
  しまいました。
   すみません。
  以後、
   注意いたします。
  ご容赦ねがいます。

   「 献身なき
    宗教は、
     罪である。 」

    ガンジーの
   正しい言葉は

   『 献身なき
   < 信仰 >は、
      罪である。』

    でございます。

  、、、、、、、、、、、、、

  < 信仰 >とは ?

  < 信( しん )じ
     仰( あお )ぐ
     とは ? >

  「 何 」を、
   信じ、仰ぐのか ?

 
  、、、、、、、、、、、、

  「 何 」を
   敬( うやま )い
   大切し
   大事にし
   愛し
   慈( いつくしみ )
   たいのだろうか ?

   わたしは、
   人間は、
   現代日本人は、
    、、、、、

  、、、、、、、、、、、、

   「 和敬清寂 」
  ( わ けい
     せい じゃく )

    わたしたち、
   人間がもとめる
   理想の世界
        国家
        社会
        会社
        学校
        職場
        家庭
        交友
        近隣
        身体
        精神
        、、
        、、
    のような、
   気がいたします。

  、、、、、、、、、、、

  そのために、
  何を
  信じ
  仰ぐ
  べきなので
  しょうか ?

  いっしょに
  考えたいと
    存じます。

  『 現実から
  はなれず
  きびしく
  つらく
  かなしく
  くるしい
  現実の中で、

   自分を愛し
  自分以外を
  愛しながら、
  この世の
  苦しみ
  悲しみを
  できるだけ
  へらせるような
  生きかたは
  できない
  だろうか ?』

 ( 「 現実 」とは
   社会人
   学生
   家庭人
   市民で
   ありながら、
   という事
   でございます。)

  、、、、、、、、、

   しかし
  < 信仰 >という
  言葉から
  考えて
  いくのも
  おもしろいかも
  しれません。

  いえ、
  宗教者・僧侶なら
  きちんと
  体得し
  説明する
  義務・責任が
  ございますね。

  つい、
  一人の人間と
  して、このように
  いたしております。

   反省
   大反省
   ( いつもじゃ
     ないか )
   ( 大笑 )
   ( 笑えない )

 駄弁を弄して
   しまいました
  されど
   敬と愛をこめて

  残月  合掌

<   昨日
   職業人は
   むずかしと
   かたりましたが、

   わたしも含め
   みな
   社会人であり
   職業人であります

   むずかしくても
   やりとげたい事
   でございます。

   実際
   現代日本の
   職業人で
   大きくなられ、
   かつ、
   「 こころ 」と
   「 よき
    生きかた 」に
   ついて、

   はっきりと
   つよく
   ていねいに
   なんどでも、

   語られて
   いらっしゃいます。

   なんという、
   ありがたさ、
   日本の宝・
   日本人の手本
   でございます。

   鹿児島出身で
   京都で創業し
   世界に貢献して
   いる人物が
   いらっしゃいます。

   この人物にも
   学びたい
   ものでございます。

   長くなりました
    すみません。 >

  失礼いたします
   末筆ながら
  よき一日で
    ございます
     ように。

 愚僧   萬拝

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました