6月1日(日)  仏とは ?  18

    京都嵯峨
   師の七回忌
   晴れてあり
   空にひろがる
  「 無生 」の世界
  ( むしょう )

    師の師の事
   二十三回
   忌日なり
   あっ晴れ禅師
   師弟なかよく

    仏心は
   以心伝心
  ( いしんでんしん )
   言葉なし
   わがままかって
   だれもしらない
    < 大笑 >

    仏心は
   教外別伝
  ( きょうげ
     べつでん )
   書物なし
   水にも火にも
   まけぬ心ぞ
    < 大笑 >

    仏心は
   直指人心
 ( じき
    しにんしん )
   それですぞ
   先師師匠の
   ありがたさかな

    仏心は
   見性成仏
 ( けんしょう
    じょうぶつ )
   ありがたし
  ( おそろしや )
   この世も我も
   ともに忘れて
   < 微笑 >

    仏心は
   慈悲喜捨無限
  ( じひ きしゃ
     むげん )
   やさしさよ
   命と心
   物をも、愛す

    人にみる
   無限の心
   ありがたし
   自分をさがし
   人をうやまう

     人生や
    先生師匠
    何人ぞ
    五十三人
    晴れて
    「 大悟 」や
    ( たいご )
    < 大笑 >

     人はみな
    師匠なりけり
    されど、また
  「 心の師匠 」
    唯一無二なり

     古人いう
    三年かけて
    師をさがせ
    みつけだしたら
    くらいつくべし
     < 大笑 >

 駄弁ながら
   二人の
    師匠を
      しのびつつ
  敬と愛を
    こめて
  残月  合掌

<  あこがれや
  アイドルスター
  おなじこと
  人の心の
  美しさかな

    人生は
   心の世界
   もとめます
   自分の
   スター
   ( 星 )
   師匠なりけり

    尊敬や
   うやまう心
   大切ぞ
   うやまい尽くす
   心ぞ仏

    敬いて
   小さき自分
   育てます
 「 見捨てはしない
   弱きおのれを 」
             >

本日、大法要です
 ( 23回忌 
   と 7回忌 )
 いってまいります。
   飛びながら
   失礼いたします

  末筆ながら
    よき一日で
  ございますように。

  愚僧   萬拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました