5月6日(火)  no rain

    嵐峡や
 静かにすすむ
 屋形舟
 緑の浄土
 至福の世界

  嵐峡や
 鳥のさえずり
 ただ響き
 心はとけて
 静かに流る

  嵐峡や
 ひびく梵鐘
 ありがたや
 ゴーンゴーンー
 ただゴ―ンかな

  ひがのぼり
 こさめのなかを
 やかたぶね
 めざすはかんのん
 大悲閣なり

  雨の中
 海外からの
 お参りで
 「無雨」に気づきて
 よろこび帰る

  雨がふる
 雨ざあざあと
 雨がふる
 雨ととけあい
 雨などしらず

  雨がふる
 こころのつよさ
 雨ふらず
 坂道くだる
 たのしきこころ

 駄弁駄歌
  されど
 敬と愛をこめて
  残月  合掌

<  嵐山
  般若の修行
  楽しけり
  有雨も無雨も
  なんのことやら

   
   喫茶とは
  甘味と苦味(にがみ)
  味会いて
  無甘・無苦なる
  空の歓喜を
 ( 生の至福を )

   薬師寺や
  玄奘三蔵
  一千三百
  五十年なり
  法師さまさま  
          >

 『  楽しみと
  悲しみなめて
  空をしり
  ひとにうまれて
  至福の生を

   古人いう
  空の歓喜ぞ
  至福なり
  人に生れて
  自覚し遊べ 』

 駄弁駄歌
  おゆるしください

 失礼いたします
  末筆ながら
 よき一日で
  ございますように。

  愚僧  万拝
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました