4月5日(土) 花ざかり  5

  御詠歌です。

江戸時代
洛西 三十三所
第一番
千光寺御本尊
千手観世音菩薩の
御詠歌

『 たのもしき
 ちかいひは春に
 あらねども
 かれにしゑだ(枝)も
 花ぞさきける 』

『 ありがたや
 あらしの山の
 観世音(かんぜおん)
 ぐぜい(救世)
 (人をたすける)
 のふね(船)に
 のるぞうれしき 』

 観音さまの誓いが
「 ありがたい 」で
 なく、
「 たのもしい 」と
 うたっています。

 その誓いとは
「 春でもないのに
  枯れた枝に、
  花を咲かせる 」
 と。

 「 そんな、バカな 」
 でございます。

  しかし、
 悲しみ・苦しみ
 多いこの世に
 おいて、

  自分を粗末にせず
 人を大切にして、
 希望をもって
 できるだけ、
 さわやかに、
 力つよく、
 生き抜こうと
 しましたら

 「 バカな 」と
 思えなくなってくる
 ような気がいたします。

ましてや、
愚痴・不満・不平など
思ったり、言葉にも
したくなくなったら、

 「 バカな 」と
感じられなくなって
来る気がいたします。

   つづき ます

 駄弁ながら
  敬と愛をこめて

  残月  合掌

<  国際伝道
  10回目をおえて。

  毎回、
 できる範囲で
 正心誠意
 全力を尽くさせて
 いただいているので
 いたらない所も
 多いでしょうが
 おおくの方々の
 御協力のたまもの
 でございますが、

 明日から
 第1回目が
 始まるといわれても
 ああ、そうですか
 ありがたい、
 精一杯させて
 いただきます、という
 気持ちでございます。

 『 空の精神 』を
 語らせていただいて
 いる気が、いたします。

( 再読いたしま
 したら、愚僧も
 空の精神で
 実践させていただい
 ている
 気がしてきました。
 そうでしたら、
 嬉しいのですが、、)

 ガイドさま、
 本当にありがとう
 ございます。
  感謝の思いで
 一杯でございます。

 愚僧、英語を
 話せるよう
 精進いたします。
  簡単な言葉すら
 活用できない、
 恥ずかしいもの
 です。  >

 失礼いたします。

末筆ながら
 よき一日で
  ございますように
 
 拙僧  百拝
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました