4月4日(金)  花ざかり  4

 「 春が来た
   心の花を
   咲かせたい
   枯れること無き
   不思議な花を  」

 嵐山 大悲閣
 千光寺 の
 御詠歌(ごえいか)
 が、ございました。

  今、恥ずかしながら
 正確に伝えられません
 明日に、いたします。

 『 
   枯れにし枝に

   花ぞ咲きけり
             』
   と、
  ございました。
  ( 一部分です )

 ・ 枯れた枝に
  命を失った枝に

  花が咲くだろうか?

 ・ 石の上で
  花を栽培する、
  
   ような事を
  いう先人もいます。
  ( 微笑 )

  御一緒に
  考えたく存じます。
  ( 不自然
  ( 非科学ですが )

  あくまで、
  目的は、

 「 強く・美しく
   さわやかに、
   やさしく、
   たいせつに、
   だいじに、
   生き抜くために 」

 「 命 と 心 を
   いかし
   いかされ
   いかしぬくために
   
   自分も、
   自分以外も  」

 「 現象に
   形に
   見える世界に
   あまり
   左右され
   すぎないような
   ( 微笑 )
 ( むずかしいなー )

   < 安心 >
   < 満足 >
   < 平和 >
    のために  」

     つづき ます

駄弁ながら
  敬と愛をこめて
    残月 合掌

<  国際伝道
   10回目

   ようこそ
   奥嵐山へ

   船で往復
   いたします。

   愚僧も同乗
   いたします。

   なんと
   楽しい事でしょう
   なんと
   ありがたい事
      でしょうか。

   天地一切に
   感謝申し上げます。

   大堰川(おおい)の
   聖なる
   龍神さまよ
   どうか、どうか、
   
 御守りくださいませ >

 末筆ながら
  よき一日で
    ございますように。

   愚僧  百拝

コメント

タイトルとURLをコピーしました