4月1日(火)  花ざかり

  
 春嵐や
 咲いた桜を
 吹き飛ばす
 笑い飛び散る
 花びらは舞う

 渡月橋
 (とげつきょう)
 乙女静々
 歩きます
 次の世になう
 十三参り

 嵐山
 世界中から
 御客様
 京都美し
 ひともうつくし

 春雨や
 雪を溶かして
 流れ来て
 船頭さまも
 歩いて花見

 美しや
 花に見とれて
 解脱かな
 お酒に酔って
 涅槃(ねはん)の
 世界
 ( 微笑 )

 悲しさや
 苦しき事も
 あろうとも
 しばし花見と
 心をすてる

駄歌ですみません
  敬と愛を
   こめて
  残月  合掌

<  昨日、嵯峨
  「 花のいえ 」にて
  語らせて、
  もらいました。

 ・ 空っぽの心
 ・ 形ない自己

  そうでした、
 『 反省
   感謝
   祈り 』
  が、土台です。

  ガイドさまに
  心から
  感謝申し上げます。

  国際伝道は
  「 花のいえ 」さま
 にも、支えられています
 ありがとうございます。

 ( 嵐山 大悲閣に
  登れない時で
  ございます。 )>

飛びつつ
  失礼いたします。

末筆ながら、
 よき一日で
  ございますように。

  愚僧  百拝
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました