3月29日(土) 目と命と心  3

  「 命 の 根 」
 とは
 何なのでしょうか ?

  ゆっくり
 考えたいと
 存じます。

  もし、
 よろしければ
御考えいただきたい。
  
  このブログを
御忙しい中、
ご覧いただいてる
方がいらっしゃい
ましたら、

  わかりませんが
推測でございますが、
「 知識 」を
おもとめに
なられていない
御方と
拝察いたします。

  いっしょに、
遠いところに
いらっしゃる御方も
ともに、
 思考しようでは
ございませんか ?

  疑うためでなく、
 信じるために、
「 あるもの 」 を。
「 あるもの 」 を、
 広く深く、
愛するために。

  『 多聞 』
( たもん・たぶん )
多く聞き知ることは、

  「 命 」の
安心・満足・歓喜には
関係ない、と

  古人・先人・哲人
は、おっしゃられています

  
    つづき ます

駄弁ながら
  敬と愛をこめて
    残月 合掌

<  答えなど
  あるものかとぞ
  人のいう
  バカいうなかれ
  命、歓喜す

    答えをば
  もとめぬ人は
  世の中で
  人の谷間の
  苦しみ多し

    脱俗や
  人の谷間の
  中にいて
  青空みつめ
  命の根、知る >

あいも変わらず
 飛びつつ
  失礼いたします。

末筆ながら、
  よき一日で
 ございますように。

    愚僧 百拝
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました