3月27日(木) 目と命と心

 目の色や
 数々あれど
 唯一つ
 慈愛の心
 美しきかな

 この世にて
 物人事は
 流れ行く
 慈愛の心
 まなざし優し

 ありがたや
 常に変わらぬ
 慈愛の目
 正しく受けて
 お返ししたし

 慈愛とは
 善意の
 眼( まなこ )
 ありがたや
 悪意の心
 しぼみ消えゆく

 怒りかな
 苦しむ心
 もがきます
 ゆるしゆるさる
 天地のこころ

 かなしかな
 悲しき眼(まなこ)
 かなしかな
 人の世つらし
 人の世くるし

 苦しとて
 思いなければ
 あちこちに
 美しきこと
 みちて溢るる

    つづき ます

駄歌なれど
  敬と愛をこめて
    残月 合掌

<「 花の山
  二町のばれば
  ぼさつさま 」
      残月

  観音菩薩(ぼさつ)
  さまが
  1200メートルの
  労苦を克服した
  「 ぼさつ 」さま
 を、御迎えいたします
 ( 微笑 )

  桜は、まだまだです
  椿は、まさに春で
  ございます。 >

飛びつつ
 失礼いたします。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました