3月23日(日) 春彼岸 3

 昨日のつづき です

『 命にも
  心にさえも
  我は無し
  
  御仏感じ
  この世に遊べ 』

「 命にも
  心にさえも
  我なくば

  私はいったい
 何なのだろか ?」

「 命とは
  いったい何を
  いうのやら

  寒さ感じる
  今の私か ? 」

「 心とは
  いったい何を
  いうのやら

  つらさ感じる
  今の私か ? 」

、、、、、、、

、、、、、、、

あえて、今日の駄歌は
 ここまでにします
  考えて下さい
   ご一緒に
 残月  合掌

< 花だより >
寒い嵐山でございます
金曜は、まさに嵐でした

椿の花が、ちらほら。

大切な、乙女椿は
今年も、一輪だけ。
蕾が、日ごとに
大きくなってますが
心配です。(微笑)

「 花の山
  二町のぼれば
  大悲閣
    ( 芭蕉 ) 」
「 花の山
  二町のぼれば
  菩薩さま
    ( 残月 ) 」
           
お元気で、
一日一生で。
失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました