3月18日(火) 伝道 №2の反省

  昨日、午後に
御報告するつもりが
やはり、できません
でした。
 失礼いたしました。

 嵐山大悲閣にいて
昼間、デスクワークを
する事はできません。
 手足を、動かすべき
事が、山積みです。
数年来の気がかり
成すべき事も、やれて
いない。
 本当に、恥ずかしい
と、思ってます。

 きっと、非難・批判は
轟々ごうごうの、
ことでしょう。
ごもっともで、
ございます。

  
 反省です。
無限のなすべき事の
において、よく考えて
こなしていかなくては。

国際伝道とともに、
春の彼岸がはじまり
春分の日の法要の
準備と重なっています。

 一般社会は、もっと
もっと、重層で複雑なの
でしょうが。

 他の人には、
なかなか頼めない。
きちんと、正式に、
御礼を、わたせないので
御願できないので
あります。( 微笑 )

 
 先日の、本堂の
大清掃は、完全な
ボランテアで、
まこと、ありがたい。
彼だから、できるし
彼だから、御願できる。
ありがたや、ありがたや
で ございます。

駄弁ながら、いえ、
  愚痴だ、よくない
 毒でした( 微笑 )

   残月 合掌

< 清き光が
満ち満ちあふれ
ますように。

 きちんと
正しく感受できます
ように。

そのために、
心身を、磨きたい
もので、
ございます。  >

飛びつつ、失礼
  いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました