3月8日(土) 400年前

来週から、午前中、
遠来の客をお迎え
いたします。

嵐山大悲閣
千光寺
創建 400年
として、
ありがたい事で
ございます。

1614年の建立です。
初代住職は、
嵯峨 二尊院 19世
『 道空 了椿 』
和上さま、ございます。

当時の二尊院は
学問寺院で
四宗兼学
つまり
天台宗・真言宗・
浄土宗・律宗を
修行する道場だった
そうです。

200年前、
荒廃した千光寺を
中興するに当たって
宇治黄檗の万福寺の
末寺になったとの
ことです。

現在は、約30年ほど前
先代住職が、
宗派から独立し、
『 単立(たんりつ) 』
寺院といたしました。

細かい歴史を
調べていますが
本堂が老朽化で、
解体されている今、
書類も散逸いたしており
よくわかりません。

歴代住職のお名前すら
探している現状で、
ございます。

そして、
400年前の
角倉 了以翁の
創建は、本当は
中興でございました。

京都嵯峨の中院に
ありました、
後嵯峨天皇の勅願寺
『 千光寺 』の
移転だったそうです。
鎌倉時代の創建時は
臨済禅宗である
鎌倉 建長寺の
『 ごっ庵 普寧 』
禅師の流れだったそう
です。

今、また、臨済禅系
に、戻っています。
不思議でございます。
宗派に、こだわらない
寺院ですが、
面白く感じています。

まさに駄弁と
 なりました。
    残月 合掌

< 長い事
誤解していました。
数年前に、知りました。
 「 住職 」とは
寺院に、住む僧侶と
簡単に考えていました
ちがって、いたのでした。

反省・驚きました。

 仏教の真理
仏法を体得し
( 求道し得道した )
まさに住持(じゅうじ)
している僧侶をいう
ようです。
 そして
布教( 伝道 )
するための建物と
しての寺院が
存在する。

なるほど、うなずき
大反省でございます。>

飛びつつ
  失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました