3月2日(日)  春の雨

春雨や
双龍泳ぐ
あらし山

春の雨
旅人をまつ
あらし山

春がくる
鳥のさえずり
ひびく朝

おひさまよ
われらをおねがい
たのみます
このよの悲惨
けしてください

旅人と
心を澄ます
あらし山
海山こえて
ようこそここえ

旅人や
甘さと苦み
味会いて
無味の感覚
無限なり

旅人の
背筋と共に
坐ります
天地の間(あいだ)
息するわれら

駄歌句ながら
 敬と愛をこめて
    残月 合掌

< 3月より
  12月まで、
  「 旅人 」の
  予定が入りました

なんと、ありがたい事
でしょう。
この、弱小山寺にとり
「 光明 」です。
歴代住職さま、
どうか、お守り
下さいませ。
何卒。

心と身体でもって
お迎えいたしたく
存じます。

『 一期一会 』
( いちご いちえ )
( 最初で最後の覚悟 )

『 和敬清寂 』
( わけいせいじゃく )
( うやまう事、何を )
( それを ? )

『 無 』(無常無我)
( 和と敬の
  根底。
  
『 数息 』
( しずかに、坐る )
( 息を 思う ) >

飛びつつ
  失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました