2月28日(金) 「 純熟とは 何か? 」 2

よく分からない、と
言われました。

そうです。
わかりにくい。

「赤ちゃん」が「純」、
「おとな」が「熟」と
考えられます。

赤ちゃん大人。
ふむ ?
奇妙 ?

青年の理想を
持ち続ける
実社会人。
なるほど。

人を悪いように
考えたくない人。
自分を悪いように
考えたくない人。
そのために、
いいように理解しよう
と、努める人。
結局、
人は、
神の子
仏の子
大自然の子
宇宙の子
このように、
人を考えられたら
自分を
考えられたら幸福かも
しれません。
(考えれるような
生活・生存・生命
をもつ、ように
したいもので
ございます。)

『 純な心 』とは?
人を
悪く思えない
悪く思いたくない
憎めない
憎みたくない。
つまり
信じたい
愛したい
大切に思いたい
ケンカしたくない
意見がちがっても共存
(心は、同じだから)
握手と笑顔で、共存
(抱擁しなくても、
いい。微笑 )
甘え過ぎない共存
求め過ぎない共存。

『 熟した心 』とは?

私たちの
もとめるべき心とは?
理想の心とは
    精神とは
 物の見方とは?
 人の見方とは?
 事の見方とは?
 事の進め方とは?
、、、、、、

各々おのおの方さま
どうか、
御考えください
智恵をしぼってください
共に、
考えたく存じます。

また駄弁です
 でも、
敬と愛をこめて
   残月  合掌

<  春の雨
  桜の前の
   骨休め

  (嵐山 残月)>

失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました