2月14日(金)  天地 の ために。

   私たちは、ただたんに、
   生存のためだけに、
   生きるのは、
   それは、それで、
   当然いい事でしょうが、

   もし、生存が安定したり
   生活も順調だったりしたら、

   さらなる、安定をもとめる
   より、さらなる順調を
   もとめるより、

   何かに、
   正心誠意、
   命を尽くしたくなるもの
   で、ございます。

   私たち、人間の
   まさに、尊き本性です。
   
   この、本性を
   活かすことが、大切です。
   もし、気づいたら、
   幸運と、思うべきです。

   人間として、命を
   いただいても、
   御存じのように、
   時代・社会・家庭
   国家などにより、

   生存・生活の追われて
   しまいがちです。

   今の現代日本も、複雑で
   苦悩に、満ち満ちあふれて
   います。 しかし、
   しかしでございます、
   覚悟をきめると、
   誓願をもつと、

   尊貴なる、人間の
   命の本性を、発揮しやすい、
   環境であるように、思えます。

   何のために、尽くすのか?
   ? でございます。

   むずかしい。
   とても、むずかしい。
   でも、とても、かんたん。

  「 天地のために、尽くす 」のです。

   それは、どういう事なのか ?

   会社に尽くす
   家庭に尽くす
   自分に尽くす
   お金に尽くす
   国家に尽くす
   学問に尽くす
   子どもに尽くす
   親に尽くす
   先祖に尽くす
   妻に尽くす
   夫につくす
   異性に尽くす
   犬族に尽くす
   猫族に尽くす
   樹木に尽くす
   花に尽くす
   人に尽くす
   心に尽くす
   芸に尽くす
   命に尽くす
   敵に尽くす
   (くるしい)
   悪意に尽くす
   (むずかしい)
   、、、、、、
   、、、、、、、
   、、、、、、、

   以上の全てを
   ひっくるめて、
   『  天地に 尽くす  』
   と、表現したいです。

   一つ一つが、
   むずかしく、苦悩、
   苦渋、葛藤、矛盾、
   複雑怪奇であろうとも、

   『  天地に  尽くしている  』
   という、 自負・自信でもって
   乗り越えたいもので
   ございます。

   そうすば、
   必ず、天の神・地の神が
   つまり、龍神が守護して
   くださいます。

   ありがたい。
   お願い申し上げます。
   なにとぞ、
   お願い申し上げます。

駄弁ながら、敬と愛を
    こめて。  残月 合掌

<  尽くしながら、
   どういう事なのか?
   考える。

   考えるために、
   考えない。

   考えないために
   考えつくす。
   つまり、本気で。

   行動しながら
   考える。

   人間の尊貴なる
   本性を信じる。
   ぶれない。

   ただ、信じる。
   信じきれない場合は、
   本性を、生みだしたで
   あろう、何かを信じる。
   どんな言葉・表現でもいい。 >

飛びながら、失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました