2月1日(土)  考え・信じ・行う   6

   映画 「 ハンナ・アーレント 」 の 
 1 から 5 は、
「  考え・信じ・行う  」 の、1 から 5 と
整理して、かんがえを進めて行きたく存じます。

   2月から、春の気配が、感じられますが、
北の方では、雪でございますでしょう。

 『  細胞の初期化による
  病気治療の 可能性   』

 が、すばらしく
 数年前から、話題になっています。

  愚僧は、仏教を、

 『  心  の 初期化による
  苦悩克服の 可能性   』

  とも、表現できるのではないだろうか?
  思ったり しています。
  ( 成熟化 かな ? )

  日常においては、
  まさに 「 初心 、忘るべからず  」で
  ございます。
  このごろ、よく思います。
  「  いくつに なっても はじめての事ばかり  」 と。
  つまり、
  「  いくつに  なっても  びっくり ばかり  」( 笑 )

    ところで、
    昨日の つづき  です。
<  やさしい意識・ やさしい心・やさしい光  >
  に、つつまれて いる、
    まもられて いる、
    何故か しらないけども、
    実感している
    心の 状態 が。

   小生にとっての
   「  仏さま  神さま  を 信じている  」
   ことかも しれません。
   ただ  ありがたや  ありがたや。

   『 存在している事 』 だけで、
   喜びと 感謝の思い で いっぱいになり、

   なにか、全てのために、しなくてはならないと
   いう、思いにかられます。( よけいな事 微笑 )

    ゴメン、「 ぼだいさった 道玉 」 さまへの
    答えでは ございません。(  メール いただいてます )

                    つづき   ます

 駄弁ながら  敬と愛を こめて
                    残月  合掌

 <   「 さとり 」
      「  理想 の 心の状態 」を

      『  すべてを  愛し
         すべてに  愛される気持ち  』

      と、おっしゃられた
      先人が いました。

      おもしろい。
      すばらしい。
      原点と したい、です。   >

  またしても、飛びながら、失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました