1月28日(火) 映画「 ハンナ・アーレント 」 2

   昨日、姉に注意されました。

 「  いったい、どういった 映画なの ?
  知らないし、観ることもできないよ。 」

   そうです、ごもっともでございます。

 昨日の 『 駄歌の世界 』 でございます。
映画の舞台は、ヨーロッパ・アメリカ・イスラエル
で、ございましたが、
 日本でも、いつの時代でも、いかなる場所でも
人間が生きている限り、必ず、起きる問題・
起きてる問題で
ございます。

   人間( わたしたち )
      ( ボク  アナタ  カレ カノジョ )
      ( あのオカタ  あのセンセイ 
        あのセンパイ あのジョウシ
        あのコウハイ  シンセキ など )の
      弱さというか ?

   人間の 利己心の、悪の部分というか ?
   人間の 保身の、悪い部分というか ?
   人間の 全体を 気にしないという点とか ?
   人間の 身勝手さ というか ?
   人間の 自分さえ よければ、という気持ち。
   人間の 自分の身内さえ よければ、、 ?

 人間は、人類は、失敗をくりかえしている。
どうしたら、
もう、止める事が、できるのか ?

  小生、微力ながら、模索しつづけています。
この映画は、解決にむけて進む、力・エネルギーを
くれる、ような気がいたします。

   しかしながら、
組織・集団における、
『 権力 』 『 権威 』 の 暴力・横暴 は

どこにでも、あり、よく、見聞きいたします。
男性のみならず、女性も多いです。

悪い人間の「 性( さが ) 」「 クセ 」
で、ございます。
  
個人的な 克服は 「  修行 学習 、、、 」
などですが、、、

社会としての 問題です。

                つづき    ます

駄弁ながら よき社会・組織を
      作るために。 敬と愛をこめて。
                 残月   合掌

<  この世から  かなしみ  くるしさ
     が へって行きますように  >

    走りつつ     失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました