1月25日(土)  映画 を 観にいく

 1   「  ある人が、 ある人を 殺す 。  」

 2   「  ある人々が、ある人々を 殺す 。 」

 1 、2 、ともに、大問題で ございます。

 1 も 2 も 、行ってはならない事 です。

 1 にも、 個人・社会 の 責任がございます。

 2 にも、 個人・社会 の責任があり、特に
        社会・集団・団体・組織 そして
        代表・指導者 と 一般・大衆・群衆 の
        関係など、むずかしい問題をふくんで
        います。

 2 を 考えつづけている、小生でございます。
      おこしては ならない事です。
      どうしたら よいのか ?
      人間 は  昔も 今も  くりかえしている。
      どうしたら よいのか ?

      この事の、一つの小さな解答から、
      僧侶にもなりましたが、まだ、
      ぜんぜん、ダメで ございます。
      どうしたら よいのか ?

 すると、
 今年、日本で封切られる 映画を 知りました。
 多くの 方々が  観に行かれているそうです。
 なぜだか、うれしい。( 微笑 )

   ここ一週間の内に、観に行き
   勉強したいと、存じています。

   「  ハンナ・ アーレント  」 2012、
           ( ドイツ・ルクセンブルク・フランス )
       
           女性哲学者の名前です。

                      つづき  ます

駄弁ながら、御案内です、敬と愛をこめて。
                    残月   合掌

 <   この映画は、愚「僧侶」としても、
      大問題です。

      「  思考 停止 」
      「  思考 放棄 」
      と
      『  さとり  』 の関係です。

      『  さとり  』 を
      「  思考停止・放棄  』 と
      誤解 されやすい、と存じています。

      『  悪  』 についての
      問題で、ございます。   

              つづき ます    >

<   よき一日で ございますように   >

     飛びながら( いそぎながら )(笑)
           失礼いたします。
      

コメント

タイトルとURLをコピーしました