1月10日(金)  菩薩 の 覚悟   8

     「   正月も   過ぎて9日  この寒さ
            師匠命日  どちらにおわす  」

     「   時は過ぎ  時は流れて  変わりゆく
            時は重なり   変わりはしない 」

     「   先生の  おかげでここに  いる我ぞ
            無我の師匠   恩限り無し   」

     「   先生を  したいもとめて なにも無し 
            敬愛の念   天地にあふる   」

     「   先生と  世界にふれて  ありがたし
            西洋諸国   菩薩も多し   」

     「   国際化  先頭歩く   我が師かな
            心は広く   言葉をこえる   」

    大感謝        残月     百拝

      

    <      ほんとうは
       わしが  しなければ  ならないのだ 。>

            ( 嵐山に  入るにあたって )

       骨折り 不足です 、
         お待ちくださいませ。

                    失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました