1月5日(日)  菩薩 の 覚悟  5

    「   ものごとは
          自在の神が
              つくる事なり。

                  仏の道の
                     ボサツにあらず   」

    「   ものごとは
          宿命により
              きまっているよ。

                  仏の道の
                      ボサツにあらず   」

    「  ものごとは
          偶然ばかり
              因縁なし。

                  仏の道の
                      ボサツにあらず   」

   「  ものごとは
          全て変わりて
              ゆくものぞ。
                 
                  仏の道の
                      ボサツなりけり   」

   「  行為こそ
          全てを変える
                ちから なり。

                   仏の道の
                      ボサツなりけり  」

   「  よきことを
          なして よきよう
                 かわります。

                   仏の道の
                      ボサツなりけり   」

   「  原因を
          よきようにして
                よき結果 。
     
                   仏の道の
                      ボサツなりけり  」

   「  縁という
         ちいさき因も
               尊( とうと )かり 。

                   仏の道の
                      ボサツなりけり  」

  「   因と縁 ( いん と  えん )
         よくよく見れば
               ありがたし 。

                   仏の道の
                      ボサツなりけり  」

  「   因と縁
         よくよく見れば
               こわきこと 。

                   仏の道の
                      ボサツなりけり  」

  「   善因を
         成し作りてぞ
               善果あり  。

                   仏の道の
                      ボサツなりけり  」

  「   よき縁に
         出会えることの
              ありがたさ  。

                   仏の道の
                      ボサツの世界  」

  「   よき縁は
        ( まこと )の 道の
              子どもたち  。

                   仏の道の
                      ボサツの世界 」

  「   よき縁は
        先祖両親
           つくります
              われもつくりて
                  この世にのこす   」

  「   よき縁は
        だれもがつくる
            人助け
               ああ ありがたや
                  尊きこの世    」

  「   あしき縁
        だれもがつくる
            ことである
              ザンゲ反省
                ( まこと )の道へ  」

  「   あしき縁
        よくよく見れば
             こわくない
                 人を守るぞ
                     神も仏も   」

    駄歌ながら、敬と愛をこめて
                  残月      合掌

<  ( まこと )とは
         いかなる事を
             いうのやら
                天を敬( うやま )い
                    求めつづける 。

   ( まこと )とは
        いかなる事を
             いうのやら
                人を愛して
                    求めつづける 。

  『 敬愛 』を
       感じ念じて
           もとめます
               神仏の加護
                   あなたを包む 。  >

        失礼いたします
               

 
                

コメント

タイトルとURLをコピーしました